蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ
 9:00-20:00
第一~第四
 *7月21日 ~
   火~土曜日
   日曜日
10:00-17:00
8月31日  
 9:00-18:00
 9:00-17:00
 
 

iブラリブログ

おすすめ資料
12345
2020/09/30

『天使が巻いたオルゴール』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『天使が巻いたオルゴール 日本アニメーション
      世界名作劇場 フランダースの犬~家なき子レミ』
資料コード:630067606
請求記号:C7CE/テ


子どもの頃、テレビでやっていたアニメ
「世界名作劇場」が大好きで、
毎週楽しみに見ていました。
(年齢がバレてしまいますね。)

図書館にも『フランダースの犬』を始め、
『母をたずねて三千里』
(お母さんにやっとのことで
再会するシーン、今でも号泣です)、
『赤毛のアン』(今、放送していますね)、
『あらいぐまラスカル』、
『トム・ソーヤの冒険』
(友人と木の枝でいかだを作り、
近所の川で乗ろうとしました。もちろん失敗)
などその他たくさんの「世界名作劇場」のDVDが揃っています。

中でも、私は『南の虹のルーシー』が大好きで、
当時、未開の地であった南オーストラリアで
強く生きるルーシー一家と主題歌がマッチしていたのが
すごく印象に残っています。

残念ながら『南の虹のルーシー』の
DVDの所蔵はありませんが、
日本アニメーション30周年企画として出された
このオルゴールCDの中に主題歌が収められています。

オルゴールの音色は、
繰り返し聴くことで脳幹を刺激し、
自律神経を整えたり、
免疫力を高めたりするそうですよ。

暑さの中にも少しずつ秋の気配が
感じられる日々になってきたので、
オルゴールの優しい音色に癒されながら、
読書タイムはいかがでしょうか。

ちなみに、『南の虹のルーシー』の原作本が
図書館にはありますので、ご紹介しておきます。

<資料紹介>
タイトル:『南の虹』
著者:フィリス=ピディングストン/作 , 一関 春枝/訳
資料コード:410213069
請求記号:930/ピ


06:30
2020/09/29

『サキサキ オノマトペの短歌』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『サキサキ オノマトペの短歌(めくってびっくり短歌絵本2)
著者:穂村 弘/編 , 高畠 那生/絵
資料コード:611488697
請求記号:911/ホ


皆さんは、本を選ぶ時、どのような基準で選びますか?

・好きな作家、ジャンルの本を読む
・話題の本を読む
・仕事や学校などで必要にせまられて読む
・人から薦められた本を読む
・タイトルや装丁(そうてい)を見て、気になって読む

等々、1冊の本に出会うきっかけは人それぞれかと思います。

私の場合、最後の「タイトルや装丁を見て、気になって読む」
の勘に頼った本選びが多いです。

先日、児童コーナーの書架整理
(書架に並んでいる本の乱れを整える作業)
をしていて、出会いました。

『サキサキ』。
なんだ、このタイトル?!
しかも、装丁の高畠那生の絵がシュール。

中を開くと、北原白秋から俵万智まで、
幅広い年代の短歌が14首。

1首ごとに意訳とイラストがついており、
まずは歌だけを味わえるよう
ページが折りた
たまれています。

“君かへす朝の舗石さくさくと
 雪よ林檎の香のごとくふれ”
(北原白秋)

降り積もった雪を踏む「さくさく」という音と
林檎を噛むときの音「さくさく」という
音。

なんだか朝の澄んだ空気から
ほんのり甘酸っぱい林檎の香りがしてくるような。
(
実際は、今でいうところのワイドショーものの恋の歌です。)

“痩せようとふるいたたせるわけでもなく
 微妙だから言うなポッチャリって”
(脇川飛
鳥)

なんだか妙に共感(笑)

タイトルになっている『サキサキ』は、

“サキサキとセロリ噛みいてあどけなき
 汝を愛する理由はいらず”
(佐々木幸綱)

からきています。

「シャキシャキ」でもなく、
「サクサク」でもなく「サキサキ」。
セロリのみずみずし
さが伝わってきます。

私たちに身近な「オノマトペ」の楽しさと
編者の意訳の楽しさ、
またイラストの楽しさ
で、
とっつきにくいと感じる短歌も
親しみやすく感じる1冊です。

図書館には、この「めくってびっくり短歌絵本」シリーズが
すべて揃っております
ので、読み比べてお気に入りの
1首を見つけてみてはいかがですか。

<めくってびっくり短歌絵本シリーズの紹介>
1『そこにいますか 日常の短歌』 請求記号:911/ホ 資料番号:610930401
3『君になりたい 恋の短歌』 請求記号:911/ホ 資料番号:611518651
4『ぺったんぺったん白鳥がくる 動物の短歌』 請求記号:911/ホ 資料番号:611518633
5『納豆の大ドンブリ 家族の短歌』 請求記号:911/ホ 資料番号:611518642


06:30
2020/09/11

『決定版 栄冠は君に輝く 古関裕而大全集』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『決定版 栄冠は君に輝く 古関裕而大全集』
作曲者:古関裕而
請求記号:C7CB/コ
資料コード:630143931

資料詳細はこちら

今年の朝ドラ『エール』の主人公・古山裕一の
モデルになった古関裕而(こせきゆうじ)(本名:古関勇治)さんは、
生涯で5000におよぶ膨大な数の曲を作った人物です。

ジャンルも校歌・社歌・歌謡曲・
戦時歌謡・スポーツ・ラジオ
およびテレビドラマのテーマ曲・
ミュージカルと
多岐にわたっています。

現在でもよく耳にする曲の作曲者に
「古関裕而」の名前があり、
あの曲もこの曲もと驚くばかりです。

前回のオリンピック東京大会で作られた
「オリンピック・マーチ」は代表曲の1つですが、
今年2度目の東京大会が開催予定だったこともあり、
前回大会を振り返る番組も多く、
市川崑監督の『東京オリンピック』で
選手団の入場行進の映像と
共に軽快なマーチが流れていました。

当時の大会組織委員会から
「日本的なものを」とリクエストされ、
「オリンピック・マーチ」の最後に
「君が代」を取り入れています。

これほど有名な曲でも全曲を通して
最後まで聴くことはなく、
確認のため聴いてみましたが、
確かにあり驚きでした。

来年こそは無事に開催されることを願っています。

その時の選手団の入場行進曲には
何が流れるのでしょうか。

またこの曲を聴きたいと思うのは、
私だけでしょうか。

「栄冠は君に輝く」は
朝日新聞社からの依頼を受け、
1948年に発表された曲で、
夏の全国高等学校野球選手権第30回大会から
共に歴史を刻んできた大会歌です。

今年は交流戦のみで開催された高校野球ですが、
わずか1試合でも選手たちの
ひたむきな活躍を目にすることができ、
高校野球のすばらしさを改めて感じました。

9回2アウトからの逆転など数々のドラマを生み、
数々の名場面と共に流れるのがこの曲です。

この曲を聴くと甲子園球場の情景と相まって、
若人のひたむきさ、清々しさが思い起こされます。

日本の夏には、甲子園の高校野球と
この曲が必要不可欠かもしれません。

ちなみに、古関の故郷の福島駅の
新幹線の発車の時にもこの曲が流れています。

06:30
2020/09/10

『密やかな結晶』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『密やかな結晶』
著者:小川 洋子
請求記号:913.6/オ
資料コード:111232777
不思議な物語です。

閉ざされた島の人々の生活の中で
物の「消滅」が粛々と確実に進められています。

昨日まで生活の傍らにあった物が無くなり、
集団洗脳されたようにそれについての記憶まで
人々の中では曖昧模糊(あいまいもこ)になり、
簡単に思い出せなくなるのです。

昔は普通に豊かな生活を享受していたはずが、
いろいろな物が消え続けた結果
「空間に隙間が生じてきている」
思いはあるものの、
人々は消滅に抗うこともせず、
順応していくのです。

消滅の当初は、ぎこちなくても不便に慣れ、
すぐに忘れて疑問も持たずに、
普段の生活を送るようになるのです。

許容の範囲は人それぞれでしょうが、
消滅する物が心を潤すための物であったり、
華美な物であるならば、
消滅することの意味も理解できますが、
生活になくてはならない物も、
遂には身体までも…となると、
何のために…と思わざるを得ません。

消滅を決定し、推し進めているのは何者なのか。
何の目的があってのことなのか疑問が湧きます。

未来小説ならばAIに見限られた
人類の粛清(しゅくせい)のためかもと思われますが、
大方の人は淡々と受け入れ、
身体の部分の消滅にも無いなりの生活に
慣れていくあまりの従順さに恐ろしさを感じます。

そうでない人も一定数、物語に存在しますが、
迫害の対象になり、秘密警察に追われ、捕縛(ほばく)・連行され、
二度と世間に姿を現すことはないとあり、
かつて現実にあった戦争中の虐殺を思い起させます。

主だった登場人物はわずかに3人。

消滅の対象となった小説を書くわたし、
その編集者のR氏、
そしてわたしを小さい頃から何かと
世話をしてくれたおじいさんです。

消滅を受け入れるわたしとおじいさんは
記憶を留めることができる
「濃密な心」を持ったR氏を
秘密の小部屋に匿い、
秘密警察から彼を守ろうとします。

この小説のことは、今年のブッカー国際賞の
候補になったことで知りましたが、
残念ながら今年の受賞はなりませんでした。
日本での刊行は、四半世紀前(1994年4月)の作品です。

今読んでも未来小説のような趣がありますが、
朝日新聞(令和2年8月11日)の紙面で小川氏は
「むしろ真逆でアンネフランクの日記を
土台にして過去を向いて書いた。(中略)
時代は変わっているようだけれど
人間は変わらなくて小説は
その変わらないところを書いていく」
と答えています。

島の中での消滅が完全に履行(りこう)され、
行き着くところまで行った先にあったのは、
R氏のような記憶を無くさない人々の解放でした。

それが「復活再生」を意味するならば、
わずかな希望の灯となりえます。

06:30
2020/08/28

『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』
アーティスト:DREAMS COME TRUE
請求記号:C7CA/ド/360
資料コード:630212897

このコロナ禍によって、コンサートやライブの開催が
余儀なく中止や延期になっている今日この頃。

生歌が聞きたい!ライブの迫力を感じたい!
とウズウズしている人も多いはず。

そんな私も日々、コンサートに
行きたい欲が抑えられず、
歌番組の特番やコンサート映像を
あれこれ見漁っています。

そんな中で、ふと目にした
DREAMS COME TRUEのライブ映像に
とても心動かされました。

約3時間にも及ぶコンサートを
ほぼ一人でボーカルの吉田美和さんが
歌い続けるのですが、最後まで声の迫力が落ちることなく、
正確な音程で丁寧に心を込めて歌い、
たまに映し出される観客たちの表情は
みんなキラキラと輝いていました。

映像を見終わった後、
改めて彼らのベスト盤を聴いてみると、
曲ごとに当時の思い出が鮮明に蘇ってきます。

友人の失恋話を聞いて号泣した時にかけていた曲、
一人旅をしたときに聞いていた曲など、
心がくすぐったくなることも度々。

そんな彼らは昨年結成30周年を迎え、
次の目標は50周年だそうです。
その頃、メンバーの2人は約80歳!
 
その時まで輝きを失わず
全力疾走で走り続けて
輝き続けていて欲しいものです。

いつか彼らのコンサートに行ける日まで、
ひたすら音楽を聴き続けて
彼らのメッセージをキャッチしていきたいです。

06:30
2020/08/27

『注文の多い料理店』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『注文の多い料理店』
著者:宮沢  賢治/作、和田  誠/絵
請求記号:91Y/ミ
資料コード:610531800

小学校中学年、高学年になった
我が子たちの日常といえば、
動画サイト、ゲーム、
サブスクでアニメを延々と見続けるという有様…。

特にコロナの臨時休校中は、
親も子も時間を持て余していた
ご家庭も多いのではないでしょうか。

短いこの夏休みも同様です。
同じ空間にいても、それぞれ別のものを
観ていることが度々…。

しかし、そんな日常ではいかん!と
ふと思いついたのが「読み聞かせ」です。

幼児の頃は、寝る前に毎日欠かさず
2人の子どもの真ん中で本を広げ、
読み聞かせをしてから
寝かしつけていましたが、
下の子が小学生になってからは
いつの間にか寝る前の
読み聞かせもなくなっていました。

今回、我が子の年齢には
どんな本がいいか考えたところ、
これを機に不朽の名作を
一緒に読んでみようと思いつきました。

第1冊目に選んだのが『注文の多い料理店』です。

内容を全く知らなかった我が子たちは
狩人たちが服を脱がされたり、
クリームを塗っていく過程に
だんだん怪訝そうな顔つきに
なっていきましたが、
結末を知り、「注文の多い料理店って、
人気のお店ってことじゃなかったんだね。」
と納得していました。

読み聞かせをするのに、あまり長い話では
読む方も聞く方も疲れてしまいますが、
『注文の多い料理店』は程よい文章量で、
子どもたちは前のめりになって聞いてくれました。

久しぶりに子どもと同じ本を読む機会ができ、
その後は家にある絵本を持ってきて
「これ読んで!」と言ってくるようになりました。

幼い頃の記憶が蘇り、
とても良い時間を持つことができています。

読み聞かせは小さな子どもだけでなく、
我が家のような年齢でも
親子で楽しめるものだと再認識しました。

次は『耳なし芳一』を読もうと準備しているのですが、
「寝る前はやめてね」と釘を刺され、
なかなか機会に恵まれないでいます。

06:30
2020/08/26

『私の大好きなモリコーネ・ミュージック』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『私の大好きなモリコーネ・ミュージック
      ~小泉純一郎選曲チャリティー・アルバム』
著者:エンニオ・モリコーネ、小泉純一郎
請求記号:C7CM/エ
資料コード:530003357
今年7月初め、イタリアの作曲家、
エンニオ・モリコーネ氏の訃報が報じられた。

名前には聞き覚えがあるものの、
すぐには曲名が出てきませんでしたが、
テレビでこのアルバムが紹介され、
「ああ、あの曲、この曲」と思い出すことができました。

小泉純一郎氏は、エルビス・プレスリー氏と同じく
エンニオ・モリコーネ氏を敬愛しており、
2005年首相在任中にこのアルバムを出したそうです。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』に始まり、
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で終わっています。

「マカロニウエスタン」という言葉をご存知でしょうか?
1960年代から70年代にかけて作られたイタリア製西部劇のことです。

昔、テレビで何度も見た『荒野の用心棒』や
『夕陽のガンマン』も入っています。

このアルバムでは、
口笛や動物の鳴き声が入っている曲ではありませんが、
でもやはり聴けば懐かしいばかりです。

『ニュー・シネマ・パラダイス』や『海の上のピアニスト』、
もっと古い『死刑台のエレベーター』等々あり、
他知らない映画の名前も。

映画以外からもいくつかあり、
また、知らない映画音楽もどれも
稚拙な表現ですが、美しい旋律です。

いくつかはどなたも、
一度は耳にしたことのある曲が
入っていると思います。

聴きごたえのある21曲でした。

06:30
2020/08/25

『ワニの丸かじり』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『ワニの丸かじり』 
著者:東海林さだお 
請求記号:V/596.2/シ
資料コード:610319072
以前よりずーっと読みたいと思っていた
“丸かじりシリーズ”をここ最近読み始めた。

コロナ禍での2か月の閉館後、
6月に図書館が再開して以来、
10冊本を借りるとしたら、
内3~4冊は食べ物に関する本を選んでいる。

レシピ本や食材についてだったり、
食べ物に関するエッセイだったり。

今まで食べ物に関してせいぜい月に1冊、
借りるか借りないかというくらいだったが、急に増えた。

食べることに対して、
何か不安でもあるのだろうか?

あるいは2か月間の興味が、
ほぼ食事に向けられていたからだろうか?

この『ワニの丸かじり』は1990年の出版だが、
人間が共感することは30年昔であっても変わらない。

タイトルの食べ物に対してはもちろん、
人間についても細かく観察したり、
想像をあちこち飛ばしたりしていく。

どれも、そうそう!そういうことある!と納得するばかり。

例えば、この季節の枝豆について。

走りの頃と旬の枝豆のちがいを語り、
枝豆を一番美味しく食べる
シチュエーション作りのためには、
お父さんは浴衣を着るだけではなく、
庭のしつらえから始めなければならないのだ。

そして、“三つぶいり”、“二つぶいり”、“一つぶいり”の
枝豆に対する
思い入れについても語る。
最後はそら豆との違いまで。

ずーっと読みたいと思っていたなら、
さっさと読めばよかったのに。

こんなに面白いなんて今まで損してた
と思わせてくれる“丸かじりシリーズ”だ。

でも、これからは得をするばかり。
なんと、このシリーズは42巻もあるのだから。
まだまだかなり長い間、楽しめる。

06:30
2020/07/29

『ジョン・ウィリアムズ・セレブレーション』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

タイトル:『ジョン・ウィリアムズ・セレブレーション』
アーティスト:ジョン・ウィリアムズ , グスターボ・ドゥダメル ,
       ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
資料コード:630317905
請求記号:C7CQ/ウ/緑

資料詳細はこちら

高校生の時から映画『スター・ウォーズ』のファンです。
オープニングの音楽を聴くと、ワクワクが止まらなくなるのは
私だけではないでしょう。

映画のサウンドトラックのレコードも
何度もすり切れるほど聴いたものです。
作曲者の「ジョン・ウィリアムズ」
という名前を覚えたのはこの時からです。


気づいてみると、ジョン・ウィリアムズは
他の映画音楽でも素晴らしい曲を
提供しているのでした。

メロディアスな主題、重厚なオーケストラの響き、
ジョン・ウィリアムズらしいオリジナリティが
どの曲にもあり、「すごいなぁ」と感じます。


このディスクでは、数々の魅力的な音楽を演奏しているのは
ドゥダメル率いるロサンゼルス・フィルです。

なんと、ドゥダメルは『フォースの覚醒』で
ウィリアムズ自身の指名によりオープニングと
エンディングを指揮したそうです。


2017年のウイーン・フィルのニューイヤーズコンサートでも
指揮を担当するほど世界に才能を認められている指揮者です。

ウィリアムズ、ドゥダメル、ロサンゼルス・フィル、
最強のカップリングと言えるでしょう。


私の好きな曲は、選ぶのが難しいのですが、
スター・ウォーズ以外だと
『ジュラシック・パーク』のテーマです。


聴くたびに明るい気持ちにさせてくれる曲です。
皆さまも、ぜひ一度聴いてみてください。


06:30
2020/07/28

『英字新聞のLiving欄』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

今日のごはん、何にしよう?

ごはんを作り続けて早40年あまり、
メニューの悩みは永遠の悩みです。


そんな悩める私の小さな楽しみは
『The New York Times』の
最終ページのLiving欄のレシピ記事です。


稲城市立図書館では『The Japan Times』を購読していますが、
この新聞には月曜日~土曜日にはもれなく
『The New York Times』のInternational版がついてきます。


お料理のレシピの掲載日には
おいしそうなカラーの写真が
食欲をそそります。


ちなみに2020年7月2日(木)の記事では、


Peach poundcake
(桃のパウンドケーキ)


Grilled baby back ribs
(骨付き背肉のグリル)


Grilled corn and avocado salad with feta dressing
(グリルしたコーンとアボカドのフェタチーズドレッシング和え)


Vegetarian black bean burgers
(ベジタリアンのための黒インゲンのバーガー)


Lemon potato salad with mint
(ミント風味のレモンポテトサラダ)


というお料理が7月4日(土)のご馳走として紹介されています。


そのまま作るのは無理でも味付けや、
スパイスの使い方、ドレッシングの材料など、
参考にしてみようと大変、触発されます。


「英語は苦手。でも、レシピは何となくわかってしまうのが不思議」
という同僚スタッフの言葉には大いに同意してしまいます。


もちろん、『The New York Times』は
ニュースを国内の報道機関のフィルターを通してではなく、
海外の視点から見ることができる大事なツールです。


しかし、時にはレシピ力(?)も鍛えてくれるのです。


06:30
12345