蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプ 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ9:00-20:00 
第一~第四10:00-17:00
 

iブラリブログ

おすすめ資料
12345
2018/01/12new

『世界の果ての通学路』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

タイトル:『世界の果ての通学路』
中央図書館資料コード:630211245
監督:パスカル・プリッソン
請求記号:D7BK/セ

子どもが毎日学校へ行くことは、当たり前のことだと思っていませんか?
もちろん日本では、教育を受ける権利がすべての子どもにあたえらています。
ところが、世界では学校にいけない子どもや、学校に通うのが大変な子どもが、
まだまだ大勢いるのです。

このDVDでは想像を絶する通学路を通って学校へ通う子供たちの様子が描かれています。
ケニアのジャクソンとサロメの兄妹は、ジャングルの中を象やキリンの群れを避けながら、
命がけで毎日15㎞の道のりを2時間かけて学校へ向かいます。
モロッコの12歳の少女ザヒラは山道を22㎞4時間歩いて学校へ、
インドの車椅子のサミュエルは二人の弟と一緒に4時間かけて学校へ、
アルゼンチンのカルロスと妹は15㎞を馬に乗って1時間半かけて学校へ通います。
それぞれの通学路なのです。

なぜそこまでして学校に行くのでしょうか?その理由はみな同じです。
「夢をかなえるために、学校へ行く!」
それぞれの子どもたちの日常をそのまま映しているドキュメンタリーです。
当たり前にいつものように学校に行く姿です。
でも、子どもたちが目を輝かせて勉強している姿に、心打たれるのです。
学校に行って勉強ができることが、どんなにすばらしい可能性を秘めていることか。
当たり前すぎて、気がつかないことを考える機会になりますよ。



*本では、『学校へいきたい! 世界の果てにはこんな通学路が!』(六耀社)
  第二期・全四巻にまとめられています。
 また、『すごいね!みんなの通学路』(西村書店)は
 よむよむ島 NO.39 1.2.3年生むけ に紹介したおすすめ資料です。 
10:15
2018/01/12new

『教科で学ぶ パンダ学』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『教科で学ぶ パンダ学』
中央図書館資料コード:611975720
監修:小宮輝之(上野動物園元館長)
出版社:今人舎
請求記号:489/キ

1972年9月29日、戦後途絶えていた日本と中国の国交が回復した記念に中国からおくられてきた
2頭のパンダが、その年の11月5日上野動物園で一般公開されました。
一日で約5万6000人がパンダを一目見ようと上野動物園に殺到したそうです。

あれから45年、2017年6月12日にパンダの赤ちゃんが誕生。
久しぶりの赤ちゃん誕生は大きなニュースとして全国に伝わり、再びパンダブームがやってきました。
さて、そのパンダについて、みなさんはどのくらいご存知でしょうか?

2000年~2015年日本で誕生したパンダは15頭もいるって知ってましたか?
かわいいだけではない、パンダの秘密をさぐってみましょう。
「パンダは冬眠するの?」「パンダのしっぽは?」「手の指は何本あるの?」「パンダの寿命はどのくらい?」「性格はおとなしいの?」「パンダ外交ってどういうこと?」「シャンシャンは24か月をすぎたら中国に返すって本当?」などなど、歴史・地理・政治・経済・生物・自然・環境・雑学とパンダについて幅広く知ることができる『パンダ学』の本です。
パンダ学を学んでみませんか?パンダ博士になれるかもしれませんよ。
10:15
2018/01/04

『青春の輝き ベスト2~ラヴ・ソングス』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

タイトル:『青春の輝き ベスト2~ラヴ・ソングス』
中央図書館資料コード:630118760
アーティスト:カーペンターズ
請求記号:C7CH/カ


何十年も昔の中学生だった頃、カーペンターズが大好きでした。
当時はLPレコードの時代でしたが、「レコードがすり切れる」という言葉が実現するかと思うほど毎日毎日飽きもせずに大音量で聞き、家族に嫌がられていました。
ヴォーカルのカレン・カーペンターの声は本当に独特で、「最初の一音で彼女とわかる。この声は天性のものだ」と評された言葉に、子ども心にも深く納得してうなずいたものです。彼女の歌声を聞くと魂が揺さぶられるような心持ちになって、身体中がざわざわしてくるのでした。
当時は子どもだけに、純粋であるけれどおバカなのでもあって、カーペンターズを愛するあまりの阿呆なことをいろいろとやらかしました。たとえば、「テレビでカーペンターズを見たいから(その頃はDVDもネット動画もありませんからね)、特集番組を作って放送してくれ」という内容の手紙をテレビ局に送り付けたり、とか。
彼らが来日して武道館でコンサートをした時には、天井裏みたいな席のチケットしか取れなかったけれど、どんなに嬉しかったことか。豆粒のようにしか見えませんでしたが、「生カレン」(当時はそんな言葉はないが)に大感激して泣き出さんばかりでしたっけ。


ものスゴく今さらなことを言うようですが、CDとはありがたいもので、昔と変わらないカレンの歌声を聞くことができます。若くして亡くなったカレンの年齢を当方ははるかに超えてしまったけれど、彼らの音楽は昔と同じにやはり美しく、聞けば、昔と同じように身体がざわざわしてくるのです。まさしく、彼らの代表曲『イエスタデイ・ワンス・モア』の歌詞の通りに。
そうして、気持ちのまっすぐだった(かつ、おバカだった)中学生の自分を懐かしく、赤面しつつ、思い出します。音楽の力ってすごい。


この『青春の輝き』には、カーペンターズの代表的な曲が収められています。どなたも、どこかで一度や二度は聞いたことがある、というような有名な曲ばかりですが、改めてじっくりと聞いてみてほしいです。きっと、魂が震え、身体中ざわざわとしてくるのが感じられるはずです!

 


13:00
2018/01/04

『雑草キャラクター図鑑』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

タイトル:『雑草キャラクター図鑑』
中央図書館資料コード:611947065
著者:稲垣栄洋
出版社:誠文堂新光社
請求記号:470/イ


「雑草」というのもずいぶんな言われようだと思っていました。
「雑」の字って、「雑巾」とか「あの人の仕事って雑よね(怒)」のように使われて、あまり良い意味はないと思っていましたし。
けれど。これはもの知らずから来る思い込みだったのでした。雑には「多様な」という意味もあり、雑草とはつまりは「いろいろな草」なのですね。
しかしながら、よく言われるように「雑草」という名称の植物はないわけで、どんなにぱっとしない草にだってそれぞれちゃんと名前があってその名前には由来があったりするし、また、それぞれに独自の性質を持っているのです。


この『雑草キャラクター図鑑』は、そんな地味ながらけなげに生きている雑草たちの名の由来や性質に着目し、それを擬人化・キャラ化したイラストとともに紹介している、とても楽しい本です。
たとえば「トキンソウ」という植物を見てみましょう。
漢字では「吐金草」と書きます。秋に4ミリほどの緑色の花を咲かせる本当に地味な雑草ですが、小さな丸い実を押しつぶすと黄金色の種が吐き出されるように出てくることからこの名がつきました。地面にへばりついているような目立たない草にこんな景気の良い名前をつけた昔の人のセンスに脱帽です。
さてこれがどんなキャラになっているかというと……キャラ紹介のキャプション→「飲み屋で気前よく金をばらまく成金オヤジ。見た目は冴えないが店ではモテモテ」。見るからにダサくてイケてないオヤジがクラブ(「クラブ」と平板に発音してください^^)のような店で「ガハハ」と笑いながら金をばらまき、女の子たちがキャーキャー言いながら群がっている、という次第。おっかしい(笑)。
ならば。「ヘクソカズラ」とか「オオイヌノフグリ」なんて強烈な名前の植物のキャラはどんなんだか見てみたくありませんか?えへへ…ご期待を裏切りません!


この本をお供に、散歩に出かけてみませんか。今まで気にも留めていなかった道端の雑草たちが、それぞれオヤジやら娘さんやらにキャラ化し、お互いにわあわあ言い合っている…なんて想像したら、歩くのが何倍も楽しくなりそうです。


 

 

 


13:00
2017/12/15

『オリエント急行の殺人』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

◆図書
タイトル:『オリエント急行の殺人』
図書館資料コード:210651558
タイトル:『オリエント急行殺人事件』
図書館資料コード:111295614
著者:アガサ・クリスティー
請求記号:933/ク


◆DVD
タイトル:『オリエント急行殺人事件』
請求記号:D7BH/オ
中央図書館資料コード:630131681

タイトル:『名探偵ポワロ 47/オリエント急行の殺人』
請求記号:D7BF/メ
中央図書館資料コード:630184308



観たい!

12月になり、公開されました『オリエント急行殺人事件』2017年バージョンです。
(原作『オリエント急行の殺人』アガサ・クリスティー/著)

オリジナル映画は1974年に制作され、大ヒットとなりました。
当時、私は劇場に行けませんでしたが、その後のテレビ放送で
この映画のおもしろさに引き込まれたものです。

2017年の今回は、名優のケネス・ブラナーが監督・主演で話題に
なっています。(ブラナーは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002)
にロックハート役で出演しています。)

簡単なあらすじは、豪華列車オリエント急行が大雪の中、立ち往生してしまう。
そのうち列車内で事件が起きる。乗り合わせた名探偵エルキュール・ポアロが
謎を解いていくが、犯人は乗客の中にいるのか、そのトリックは
どのようなものなのか。果たして列車は大雪の中、動くことが出来るのか。

今回、映画の公開前に、口ひげのポアロ役がブラナーと知り驚きました。
いやいや、それはないだろう!どう考えてみても、ポアロは
ずんぐりむっくりで、ひげを始終黒光りに整え、気難しい顔の
神経質なベルギー人であるはずだと。

それに対してブラナーは、穏やかな顔つき、体格もスリム、
どちらかと言えばイケメンです。ポアロなんて…と思っていましたが、
CMの動画を見る限りでは、ひげのブラナーもいけるかも、
もしかしたら現代のポアロはこんな風かも、と思うようになりました。

監督としての彼は、「映画を見に来てくれたお客様を列車に乗せたい」、
「細かい部分にこだわっている」、「俳優たちの、悲しみを抑えた
演技のすばらしさ」等とコメントしています。

豪華な列車の様子や一癖ありそうな俳優たちの演技、壮大な景色など、
勢いのある映画に仕上がっている感が伝わってきました。忙しい師走ですが、
時間を作って映画館に観に行きたいなと思います。

図書館にはクリスティーの小説や、以前のDVDがありますので、
よかったら手に取ってみてください。小説を読んでから映画を観るか、
観てから読むか、お好きな方でどうぞ。


14:08
2017/12/05

『正妻』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


タイトル:『正妻 上』
中央図書館資料コード:611613534 

タイトル:『正妻 下』
中央図書館資料コード:611613543 

著者:林真理子
出版社:講談社
請求記号:913.6/ハ


書架をブラブラしていてふと目に留まったそのタイトルに
「ええッ、セイサイってか」
思わず声がもれ、反射的に周りを窺ってしまった。
正しい妻という字面、なんだか古臭いわ、死語だよ。
とつぶやきながら、借りて読んでみた。


徳川幕府最後の将軍慶喜とその妻美賀子の、生い立ちから亡くなるまでの物語。
史実に沿っているものの、正妻の美賀子と妾の芳の視点で語られる幕末から明治は、
将軍さま慶喜ではなく人間くさい慶喜が描かれている。
慶喜だけではない、公家、岩倉具視、大奥、篤姫、和宮…。
林真理子の筆にかかれば、明治維新という国の一大事もあっさりとしたものである。

いつの時代も女たちはぶれない信念をもって生きている。
著者からのエールがきこえた。


19:05 | 本・雑誌
2017/12/05

『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


タイトル:『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』
アーティスト:エンヤ
請求記号: C7CH/エ
中央図書館資料コード:630031971 


冬の夜を彩るイルミネーションとセットで私の頭の中を
メリーゴーランドのようにグルグルと鳴る曲、
それはエンヤの「オリノコ・フロウ」。

解説書などによると、1988年に出たアルバム『ウォーターマーク』は
世界各国で軒並み1位、800万枚を超える。
収録されている「オリノコ・フロウ」は日本での初シングル,大ヒットとある。
エンヤの曲が世の中の至るところで流れていたことがわかる。

当時はテレビやラジオ、お店で流れる有線などで旬な音楽を知り、
もっと聴いてみたいと思った楽曲は、レコードを買った。
インターネットもユーチューブもなかったけど、
音楽は、わたしのもっと身近にあったような気がする。

エンヤは、その後もマイペースで音楽活動を続け
2015年に7thアルバムを発表し、
2016年には日本に来日しテレビ番組に出演している。
過去の楽曲は、現在もCMやテレビ番組に使われており
根強い人気を保っている。

デジタルとアコースティック、相反するふたつが共存するエンヤの世界は、
正確な拍を刻み重厚で荘厳。
デビューから10年後に発売された初のベスト盤は
キリリと冷えた空気の冬に、似合うアルバムです。


19:05 | 音楽
2017/09/21

『アルゲリッチ/パールマン 米サラトガ・ライヴ 98年夏 Vol.2』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


タイトル:『アルゲリッチ/パールマン 米サラトガ・ライヴ 98年夏 Vol.2』
内容:ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調op.47「クロイツェル」(ベートーヴェン)、
    ヴァイオリン・ソナタ イ長調
請求記号:C7CQ/ア/青
中央図書館資料コード: 630079017

先日、図書館でCDを探していたら、パールマンとアルゲリッチの共演の
このCDを見つけました。
ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタとフランクのヴァイオリン・ソナタ、
どちらも私の大好きな曲です!

昔むかーし、まだ私が中学生の頃、好きな音楽を繰り返し聴く方法は、
万年お小遣いが足りない私にとってはエアチェックでした。
『FM fan』(隔週刊で2週間分の番組の詳細が載っている雑誌)を愛読しては、
聴きたい音楽が流れる時間帯にラジカセの前で待機してガチャンと録音開始
していたものでした。ポーズボタンがなかったのです。
そのようにして録音したパールマン演奏のクロイツェル・ソナタを何回も
それこそテープが擦り切れるほど聴きました。
アシュケナージとの共演でした(音源はライブではなくレコードでした)。
そのようなことを思い出しながら、久しぶりにクロイツェル・ソナタを聴きましたが、
ベートーヴェンはやっぱりすごいです。
そしてパールマンのつややかな音色も健在で、アルゲリッチとの演奏は
ライブの臨場感が感じられ、思わず聞き惚れてしまいました。

なお、稲城の図書館には私が繰り返し愛聴したアシュケナージとの
共演の盤もありますので、聴き比べてみるのもよいかもしれません。


ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》・第9番《クロイツェル》
イツァーク・パールマン(vn) , ヴラディーミル・アシュケナージ 
資料コード:630030179


21:09
2017/09/21

『川のうた』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


タイトル:『川のうた』
著者:ラングストン・ヒューズ/詩、E.B.ルイス /絵, さくまゆみこ/訳
出版社:光村教育図書
請求記号:E/ヒ
中央図書館資料コード:611479651

ラングストン・ヒューズの短い詩(原題は”The Negro Speaks of Rivers”)に
E.B.ルイスが絵を描きました。ルイスの絵がダイナミックで、場面ごとに
ヒューズの言葉に寄り添っていることがうかがえ素晴らしいです。
ヒューズはこの詩を18歳の時に書いたそうですが、悠久の時にわたって川を
見つめてきた多くの人々の思いとヒューズの思いが繋がっていると感じました。
そこには喜びもあれば深い悲しみもあったでしょう。
「わたしのたましいも、川のようにふかくなったのだ」という言葉に圧倒されます。
英語の原詩も機会あればぜひお読みになってください。


21:05
2017/09/18

『謎解きはディナーのあとで』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


 書名:謎解きはディナーのあとで
 著者名:東川篤哉
 出版社:小学館
 請求記号:913.6/ヒ
 中央図書館資料コード:611384549

私が高校生の頃の話。


「この本読んで!!」
姉が急に私の前に大きな単行本を突き付けてきた。
活字が苦手な私は、文庫本ならともかく、単行本は一歩引いてしまう…
そんな私の姿にも、お構いなしの姉は
「絶対面白いから、すぐ読めちゃうし、好きになるから!」
そんな言葉とともに、私の前へ本を置いて行ってしまった。

“ どうしよう… ”


読まないと姉はすねるだろうな…しかし、読める自信もない。さて…困った。
読まずに諦めたら怒られるだろうから、少しだけ読んでやめてしまおう。
『謎解きはディナーのあとで』
題名を見て推理小説であることは分かった…なおのこと苦手である。
とりあえず、挿絵まで…と思い、ページを進めてみる。

“ あれ?おもしろいかも…! ”


半分まで読み進めたところで、あることに気づく。


“ おや?挿絵がない… ”

そうこうしているうちに1冊読み終わってしまった。
がっつり推理もの!!という感じではないのに、推理はしっかりしている。
何よりキャラクターの掛け合いがおもしろい。というか、笑える。


後にドラマ化、映画化され、それもまた楽しめた。
読まず嫌いは良くないという事を実感した1冊である。

 


19:04
12345