蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプラザ 9:00-20:00
第一~第四 10:00-17:00
*7月21日~8月31日 
 火~土曜日:9:00-18:00
 日曜日:9:00-17:00
 

iブラリブログ

おすすめ資料
12345
2022/06/11

『心と耳にのこるCMのうた』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル: 心と耳にのこるCMのうた
請求記号:C7CN/コ
中央図書館所蔵コード:630137863

CD架でふと目についたタイトル。

世の中にあまた流れるCMソング。
気が付けば、口ずさんでいたり、メロディーが頭の中に浮かぶことは
ありませんか?

このCDは、“この木なんの木”に始まり、まさにタイトル通り、
心と耳に残るCMソングのオンパレードでした。
今も聞くことがある歌も、懐かしい曲も。
歌詞から自分なりにタイトルを想像していた曲が、ぴったりと当てはまって、
ビックリしたものもありました。

せっかくなので、タイトルをすべて書き出します。

≪CMのためにつくられたうた≫
1.この木なんの木
2.いいもんだな故郷は
3.Dream <ドリ-ム>
4.それぞれの夢
5.きのこの唄
6.たらこ・たらこ・たらこ
7.ただいまのあとは
8.まあるいいのち
9.みんな元気!
10.ケンとメリー~愛と風のように~
11.心のつばさ
12.青雲のうた
13.エンゼルはいつでも
14.明日があるさ~ジョージアで行きましょう編~

≪CMのもとになったうた≫
15.ともだち賛歌
16.みどりのそよ風
17.そうだったらいいのにな
18.ラジオ体操の歌
19.私を野球に連れてって
20.旅立ちの日に

≪ボーナストラック≫
21.パルナスの歌

タイトルを見て、頭に浮かぶものがある方もいらっしゃるのでは?
懐かしい曲があったらぜひ、聴いてみてください。
CMの時流れるところだけでなく、一曲を通しで聴いてみるのもおすすめです。
05:30
2022/06/09

『1日1分で腹が凹む 』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:1日1分で腹が凹む
著者:植森美緒
請求記号:D595.6
中央図書館所蔵コード:612109780

なんて潔いタイトル!!!
“お腹”、オナカではなく、“腹”、ハラですよ。
世に多数あるダイエット本や週刊誌の記事の中で、ひときわ目をひきました。
これは、続けられるかもと思わせてくれます。
「私はこれで、」
と言ってみたいのですが…….。

説明がわかりやすく、ゼーゼーハーハーとならずにできます。
運動ではなく、ストレッチでしょうか?なにより、基本動作が、
気持ちがよいのです。

折々、基本動作に話が戻るので、その都度、体の伸び具合、
お腹の凹み具合など、改めて確認できます。

昨年末、始めました。
1週間後、なんとなく、パンツが緩いような気がする。
不思議と背中の肉も薄くなったような気がする。
と喜んでいたところ、その後、旅行先で食べすぎ、5日間で体重は3キロ増。
もちろん、お腹も元に戻って大きくなりました。
旅行中、この1分のストレッチをしませんでした。

体重が戻るのに、1週間ほどかかりました。
体重はともかく、この1分のストレッチをキチンとすればよかったのに、
何もしないまま数ヶ月が過ぎました。
もちろん、お腹はストレッチを始める前の状態です。

座っている時、立っている時、歩いている時、
それぞれの状態での仕方も載っています。ハッと思い出したら、
ストレッチを心がけます。

楽にできると思っても、常にやらなきゃね。

改めて、始めます。
今回はどうなるかしら?
05:30
2022/04/25

『ジブリの風景〜宮崎作品と出会うヨーロッパの旅』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『ジブリの風景〜宮崎作品と出会うヨーロッパの旅』
出演:夏川 結衣・杉本 哲太
発売元:ウォルト ディズニー
資料コード:630160638
請求記号:D230/ジ


スタジオジブリの作品には、印象的な街並みが出てきます。
宮崎駿監督は、どれも架空の街とおっしゃっていますが、
それぞれイメージの源になった街が実在しています。
実際に宮崎監督が行ってイメージを膨らませた場所に、
映画のスタッフがロケハンに行っていて、
街並みへのこだわりも感じられます。

この作品では、ヨーロッパの街をイメージした、
「魔女の宅急便」
「ハウルの動く城」
の源になった街で絵コンテを片手に出演者が旅をして、
画面を通して映画の中へ入り込んだような気分になれます。

まず、魔女の宅急便のコリコの街は、
スウェーデン・ストックホルムとビスビーの街。
石畳の路地や時計塔、かわいい吊り看板や街灯、そして
キキがトンネルをくぐろうとしてバスとぶつかりそうになった、
石造の橋など本当にコリコの街にそっくりです。

また、世界最古の野外博物館“スカンセン”では、街並みだけでなく、
キキが下宿するパン屋の作業場にそっくりのパン屋さんが実在しています。
昔の製法をそのまま再現していて驚きました。

ハウルの動く城のソフィーが暮らす街は、
フランス・アルザス地方・コルマールの街。
コロンバージュと呼ばれる、ドイツ文化の影響を受けた建築様式の
木骨組みを使った建物が立ち並び、ソフィーの帽子屋が出てきそうな街並み。
ハウルとソフィーが降りたったバルコニーや
ソフィーの帽子屋の中庭にそっくりな場所までありました。

全編85分ですが、ファンにはあっという間の時間です。
海外旅行はまだまだ行けそうもない今、
映像で聖地巡礼はいかがでしょうか?

日本バージョンもありますよ!
<参考資料>
タイトル:ジブリの風景〜宮崎作品が描いた日本〜
出演:鶴田 真由
発売元:ウォルト ディズニー
資料コード:630170222
請求記号:D291/ジ
05:30
2022/04/22

『パピロちゃんとはるのおみせ』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『パピロちゃんとはるのおみせ』
著者:片山 令子
資料コード:610942627
請求記号:91Y/カ
※ご予約はこちらからどうぞ!

先日、雪国に住む方々が、
「雪国だからこそ、春が待ち遠しい」
「春のありがたみをとてもかんじられる」
とおっしゃっていたのを聞いて、この本を思い出しました。

パピロちゃんがみつけた不思議なお店。
そのお店にいる小さい男の子の言葉。
「はるになるには いちど さむくならなくちゃ」

なるほど!
そして寒いトンネルがだんだんと春に向かっていき、
パピロちゃんと男の子も春をたのしみにしながらゆっくり進んで、
出口が見えると走り出し・・・
トンネルを抜けて春の野原に出た時の喜びもひとしお。

今年の冬は寒い時期が長かったので、
ようやく暖かくなってきた近頃、すごく嬉しく感じたので、
すごく共感できました。

そしてパピロちゃんの指先に蝶が止まるシーン。
娘が小さい時に(この本の影響らしいです)、
“蝶が指先に止まる“ということに憧れがあり、
たまたま、沖縄の蝶園でその夢が叶って大喜びしたことがありました。
子供は大人が思っている以上に本からたくさんのことを
学んでいるのだな、と実感した一件です。

また、この本には春の花の名前もたくさん出てきます。
スイセン、サクラソウ、スミレ、スノードロップにヒヤシンス。
子供と一緒に本を片手にお散歩しながら探してみるのもよいですね。
05:30
2022/04/20

『スーパー戦隊』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
監修: 東映株式会社,松井 大
編集・制作:学研図鑑編集室
出版社: 学研プラス
資料コード:612213671
請求記号:778.8/ス

学研の図鑑から、「スーパー戦隊」が出ると知ったときは驚きました。
特撮ヒーローを動植物と同じ装丁の分厚い図鑑にするとは…。
幼少期はよく見ましたし、今でも今のヒーローはどんなのかな?
と気になるくらいで、特撮ファンというほどではないのに
とにかく内容が気になります。写真なのかな?俳優さんがのるのかな?
と想像し、買うか図書館に入るのを待とうかと悶々とする日々。
結局発売日が私の誕生日ということに運命を感じ衝動のままに
すぐ購入してしまいました。

早速中を確認すると、想像と全然違う!しかも内容が濃すぎる!!
と衝撃を受けました。戦隊ごとの組織や、隊員、メカニック等情報が
細かくとにかく量が多い。しかも戦隊ごとの垣根を超えて、
近年のくらべる図鑑のような項目や年表まである。真面目に読みこむと
1戦隊の内容だけで結構疲れるレベルでした。

さらに、一部を除きほぼ写真ではなく絵で書かれており、
この図鑑のために全て描かれたと思うと愛を感じました。
そして、なにより驚いたのが世界観の徹底!
変身前の姿は出てくることがなく、ヒーロースーツでの紹介。
俳優は姿も名前も一切出ません。空想世界ではない、役者など
存在しないというスタンスに感服しました。

個人的なおすすめポイントは、ヒーローたちの個人経歴や特技などに
ツッコミどころが多い点。とても読んでいて面白かったです。

ぜひ、お読みの際には、細かい部分も読み流さず、
熟読していただきたい作品です。

05:30
2022/04/19

『あずまんが大王1』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
『あずまんが大王 1』
監督:錦織 博
原作:あずま きよひこ
資料コード:630096036
請求記号:D7AJ/ア

原作は4コマ漫画。まだ小学校か中学生くらいのときに、
近所のレンタルショップでたまたま見つけて借りてみた、
当時のお気に入り作品でした。

普通のようで、一風変わった女子高生たちのゆるい学生物語です。
元が4コマなので一話一話が完結で、第一話が飛び級で進学してきた
すごい小学生の話から始まる割に、特に山も谷もない、
ゆるゆるとしたギャグ風味のお話です。

個人的に記憶に残っているのは、飛び級してきた子は10歳で
とても小さい女の子なのですが、その子の飼い犬がとても大きな白い犬で、
なんとその犬がその子を上に乗せて散歩するんです!それを見た瞬間、
「犬って乗れるの?!」と衝撃を受けた私。羨ましくて、
ほんとに小学生を背中に乗せてくれるような犬がいるのか、
ネットで検索したのを覚えています。

オープニングやエンディングもコミカルで、全体的にゆるくて
明るいお話が多く、疲れることなくみられる作品です。
ドキドキハラハラする作品につかれた際にいかがでしょうか。

05:30
2022/04/18

『木曜日の五行歌』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:木曜日の五行歌
編者:草壁 焔太
イラスト:岩崎 千夏
請求記号:911.1/ク
資料コード:610742081

五行歌というものがあることを、この本で初めて知りました。
短歌とも違う、比較的新しい詩歌であるそうです。
あとがきの言葉によりますと
「五行で自由に、ただし、きりっと締めて書く」とのこと。

こちら、投稿作品で構成されています。朝日新聞西部本社版、
また東京本社版夕刊に掲載された作品から選ばれているそうです
(この本は、2002年の出版です)。

歌には、投稿された方の名前と出身地が添えられており、
日本全国から寄せられていたことが伺えます。
中には年齢が書かれているものもあり、幼い子から年配の方まで、
自由に作られていた印象を受けます。

自然を描くもの、人を描くもの。
瞬間を切り取るもの、時の流れを感じるもの。
見えるもの、見えないもの。
生み出された作品には、各々の個性が色濃く出ています。
短い中でも、はっとさせられる表現もあり、非常に面白いです。

自分でも考えてみましたが、縛りがない分、難しいような気もしました。
どんなことでも五行歌になり得るような。しかし詩歌として
成り立っているのか……。
ハマりだすと止まらなくなりそうです。
日記のように、その日の出来事を振り返って作り出すのも、
面白いかもしれないと思いました。

さて、個性豊かな歌たちを、見事に包み込んでいるのが、
岩崎千夏さんのイラストです。
実はこの本、イラストを見て手に取りました。
私がまだ学生だった頃、雑誌に投稿されていた絵を見た時から、
魅了されておりました。

それが、こんなにもたくさん、一冊の本にまとめられているなんて!
自分のいる世界と繋がっているはずなのに、どこか遠く、
ノスタルジックな風景がたくさん出てきます。
五行歌とあわせて是非、心の旅をお楽しみ下さい。
05:30
2022/04/16

『An aquarium 水族館』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:An aquarium  水族館
監修・撮影協力:京都水族館
請求記号:D480/ア
資料コード:630219913


ああ、京都に行きたい。
そう思っているのに、実行に移せないこと数年。
なかなか遠出が出来ない中、理想ばかりが膨らみます。
京都に行けたら、あの場所に行って、あれを見て……。
が、その中に水族館は入っておりませんでした。
そうか、京都には水族館があったのか!と、このDVDで認識した次第です。

こちらは、2012年3月に誕生した京都水族館の様子を、
映像で紹介してくれる作品です。
全編を通して穏やかな音楽が流れ、説明も言葉少なで、落ち着きます。

館内はいくつかのゾーンに分かれており、場所ごとに紹介は進められます。
かいじゅうゾーン、ペンギンゾーン、大水槽やイルカスタジアムなど。
中でも、気になったのが京の川ゾーンや、京の里山ゾーンです。
地元京都の風景を再現しているとのことで、魚だけに留まらず、
やってくる虫や鳥の姿も映されておりました。

生き物たちの愛くるしい姿や、魚たちの泳ぐ様をぼんやり見ていると、
人の手で作り出すことの出来ない美しさが世界にはあるのだと、
しみじみ感じます。

現場に足を運ぶと、せっかく来たのだから……と、
ついつい欲張りすぎてしまうものです。
焦らずとも、ゆったりと楽しめるのが映像の良いところだと思います。
物足りない方には、飼育スタッフによるコメンタリーも収録されており、
飼育する上で気を付けている点や、公開するにあたって
工夫されているところなど、裏話を聞くことも出来ます。
バックヤードの紹介も見どころです。

しかし、開館したのは10年前のことです。
体験型の水族館とのことですが、現在は変更されているところもあるでしょう。
実際に行く楽しみも残しておける、そんな一枚です。
05:30
2022/01/21

『からだは星からできている』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:からだは星からできている
著者:佐治晴夫
出版社:春秋社
資料コード:611122670
請求記号:440.4/サ
※ご予約はこちらからどうぞ!

なんだかついてないなあ。しんどいなあと思う時、
たいてい私の頭の中は私(自分)で一杯になっています。
それを知るのはこんな本を読んだ時です。

著者の佐治晴夫さんは理学博士で、元NASA客員研究員で、
数学、物理、宇宙創生理論、「ゆらぎ」研究その他にもたくさんの
科学の仕事をされている方です。理数が苦手な私には途方もなく
遠い存在ですが、一つだけ共通点があります。それは詩歌が好きなこと。
この本の中にも金子みすゞ、まどみちお、宮沢賢治、正岡子規
他にもたくさんの詩歌が引用されていて、こちら側への翻訳の役目も
してくれています。

私はこの本を一気読みすることが出来ません。
なぜなら読んでいるうちに心が宇宙に吸われて飛んでいってしまうからです。
遠い昔に教科書で習った石川啄木の
「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし 十五の心」(※)
の感じです。吸われていっちゃうのです。

また宇宙から戻って読み始めると、今度はたくさんの思考が押し寄せてきます。
例えば佐治さんがボイジャーに搭載することを提案した
J・S・バッハの「平均律クラヴィア曲集」第一巻、
第一番の「プレリュード」ってどんな曲だっけ?図書館にCDあるか
検索してみよう。表紙はその楽譜なんだ!これが幾何学的って?むむむ。

サン=デグジュペリの『星の王子さま』ももう一度読んでみようかな。
ブッダの「慈悲」って“寄り添う”っていうことなのか。
大変な難しいことに感じるけど、金子みすゞさんはそのことを
知っていたんだなあ。宝石のような真昼の星を見てみたいな、などなど。

そして頭の中が自分で一杯な状態から宇宙や音楽や詩歌の世界に飛んでいく時、
自分が宇宙を構成する小さな一部であると知る時、自分を悩ませる問題は
少しも変わっていないのにふわっと気持ちが軽くなるような気がするのです。
なぜなんでしょう?佐治さんなら公式を書いて表してくれるでしょうか。
それともぴったりの詩歌を教えてくれるでしょうか。

稲城の冬、空気が冷たく澄んで星の瞬きが美しい仕事の帰り道に
私は佐治さんという巨人の肩に乗ってそんなことを考えています。


<参考資料>
CDタイトル:バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第2巻(抜粋)
著者:グレン・グールド
出版社:ソニーミュージックE
資料コード:630015557
請求記号:C7CQ/バ/オレンジ

(※)タイトル:一握の砂 悲しき玩具
著者:石川啄木
出版社:岩波書店
資料コード:610308838
請求記号:Y911/イ
05:30
2022/01/17

『海街diary』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:海街diary
監督:是枝裕和
原作:吉田秋生
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林 他
資料コード:630217982他
請求記号:D7AF/ウ

何度も何度も繰り返して見る映画がいくつかあります。
そのうちのひとつがこの作品です。

主に鎌倉を舞台にした四女だけ異母の四人姉妹の物語。
最初に出会ったのは原作漫画の方でした。
吉田秋生さんの作品には凛とした佇まいの美しい人物がいて、しびれます。
この作品では長女幸(さち)です。

映画でもそれは変わらず、長女としての責任感、娘である甘え、
恋人としての切なさ、看護師として人を見る視点。
全方向から立ち上がってくる彼女が実在する人のようにも感じられます。

四人姉妹の次女は自由奔放なようでいて、人に注ぐ目が優しく誠実で
そのギャップに惚れてしまうし、長らく末っ子だった三女は気楽に
生きているようでいて、でもどこか寂しそうなのが気になるし、
四女は自分の存在への悩みを抱きつつも元気いっぱいのサッカー少女で。
迷い傷つきながらも各々がさまざまな役割を担う姿を見て
人が人の中で生きるということの大変さについて改めて考えさせられます。

平野啓一郎著の『私(わたし)とは何か』という本の
「たった一つの「本当の自分」など存在しない。裏返して言うならば、
対人関係ごとに見せる複数の顔が、すべて「本当の自分」である。」
という一節を思い起こすのです。

海街では実家を思い出させる古い家らしさも魅力です。
柱に記した姉妹の身長の記録、縁側での梅仕事、今年の梅酒、
亡くなった祖母の梅酒。庭の花一輪を飾った仏壇、浴衣と花火、扇風機、
虫の出るお風呂場。生活すること、生きていることの確かさが
画面のそこここにあって懐かしく、実家に帰れないコロナ禍の
慰めともなりました。

そしてタイトル通り「海街」の海。朝帰りの道の横にも波は
打ち寄せているし、浜に降りる段々で恋人に別れを告げる時も、
足先を濡らして遊ぶ波打際も、山の上から見る小さくて大きな海も。
海は姉妹のすぐそばにいて、聞こえていてもいなくても波音は常に
しているのです。
ここではないどこかに行きたいと思う時、それが叶わない時に
映画の世界に行ってみるのもいいものです。

<原作>
タイトル:海街diary
著者:吉田秋生
出版社:小学館
資料コード:550050434他
請求記号:Y726.1/ヨ

タイトル:私(わたし)とは何か
著者:平野啓一郎
出版社:講談社
資料コード:611543903
請求記号:914.6/ヒ
11:30
12345