蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプ 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ9:00-20:00 
第一~第四10:00-17:00
 

iブラリブログ

スタッフコラム
12345
2018/05/15new

公園でのお楽しみ

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

ゴールデンウィーク、みなさんはどのように過ごされましたか?

私は仕事があり連休ではなかったので、電車で30分程の公園に出かけました。

元々、家でボーっとしているのが好きな私ですが、公園や植物園に行ってボーっとしているのも好きです。
その時の気分で、ふらっと、のんびりと。

お天気も良く、色々な花も咲いているこの時期、今回は菜の花を見に行くことにしました。
あたり一面、黄色一色の菜の花畑。
とてもきれいで、元気をたくさんもらいました。
他にも青いネモフィラの花、赤いポピーの花も咲いていました。


帰りがけに、ゲートでスタンプを押そうと思い、子供たちの後ろに並びました。
実は『御朱印帳』ならぬ『公園記録帳』!?を私はつけています。
記録帳とは名ばかりで、場所と日付と一言。
そして、スタンプ等がある公園ではそれを押す。という簡単なものです。
お気に入りのノートに、何となく続けているだけで、書き忘れてしまう時もあるくらいです。

ふと、前にいる女の子の持っているノート見ると、可愛らしい花の絵が描いてありました。
公園にたくさん咲いていた菜の花だと思いました。
いいなと素直に思いました。
そして、私も描いてみたいと思いました。
全く絵心のないセンスもない私ですが、上手ではなくても、
公園で見た草や木や花のちょっとしたイラストが加わったら…。
きっと私だけの素敵な『公園記録帳』になるかも…と想像をしたら何だか楽しくなってきました。


帰宅して、撮影した菜の花の写真があったので、試しに見ながら描いてみました。
やはり思い通りにはいかず、不格好な菜の花になってしまいました。
実物を見ながらだったら、もう少し上手く描けるかも…
段々と描いていくうちに少しずつ…と自分を励ましました。
思うような出来栄えではありませんでしたが、
イラストがあるだけでカラフルになり、ノートが明るくなりました。

公園には、専らボーっとしに行っていましたが、お弁当やおやつを食べる以外に目的ができました。
飽きっぽい私に、いつまで続くかわかりませんが、今はやる気満々です。


早速、“はじめてのイラストの描き方”の本を図書館に借りに行こうと思っています。


12:30
2018/05/09

今夜は、府中の六社明神の祭礼であった。俗に、くらやみ祭といわれる。

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

「今夜は、府中の六社明神の祭礼であった。俗に、くらやみ祭といわれる。」
―司馬遼太郎『燃えよ剣 上巻』より

稲城市から川を隔てて隣の府中市。その府中に位置する大國魂神社では、
この時期、年に一度の例大祭「くらやみ祭」が開催されます。
 
元々は神の御霊を移した神輿が人目に触れないように
明かりを消したことから「暗闇祭」と称されたとのこと。
その歴史は古く、武蔵国の国府が置かれていた頃からともいわれ、
司馬遼太郎が土方歳三を描いた小説『燃えよ剣』にも登場します。

メインの神輿渡御は5月5日ですが、3日・4日に行われる競馬式や
万燈大会も見ごたえ十分。山車巡業では、宵闇の中にいくもの
山車が列をなし、提灯の明かりの中、おかめやひょっとこ、
狐などの面をつけた子どもたちが舞う姿が幻想的で、
夢と現のあわいにいるような、なんともいえない心持ちになります。
 
さすがに大きなお祭だけあって、露店の数も圧巻です。
神社境内をびっしりと露店が埋め尽くし、そこかしこから
漂ってくるいい匂い…。昔ながらのたこ焼きやあんず飴もあれば、
日本全国、いや世界各国料理の屋台が並び、あれもこれもと
つい目移りしてしまいます。

それにしても、屋外で飲むビールってどうしてあんなに
美味しいのでしょう。時に温くて泡ばかりだったとしても。

いつでも行ける、という近さゆえに、足を運び損ねている場所って
あると思います。大國魂神社の創建は西暦111年、なんと弥生時代後期。
そんな歴史的な神社がすぐ近くにあるのに、見逃しているとしたら
もったいないですよね。

「もう『くらやみ祭』は終わってしまったし…」という方。
ご心配なく。七月には「からす団扇」を頒布する「すもも祭」、
九月には栗を売る屋台が多く出る「秋季祭」、そして十一月には
商売繁盛を願う「酉の市」と、大國魂神社の祭事はこれからも盛り沢山です。

最後に。大國魂神社の境内には松が一本もないそうです。
さらに府中では、正月に立てる門松にも、松を立てずに
竹ばかり立てる習慣があるとのこと。
これには、大國魂明神にまつわる謂れがあるのですが。。。
お知りになりたい方は、ぜひ図書館で調べてみてください。

参考資料:『大國魂神社の歳時記』監修:大國魂神社・文:桜井信夫 
      T204.5/サ
     『燃えよ剣 上巻』司馬遼太郎 V913.6/シ
     『縁日お散歩図鑑』オオカワヨウコ T386/オ
     『府中の風土記』東京都府中市役所編 T20.45/フ
     『まつはきらい』文:小沢俊夫 T386/オ


17:19
2018/05/02

おてらのおしょうさん

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

久しぶりのスタッフコラムに何を書こうか迷ったのですが
昨年度一番の衝撃を書こうと思います。


図書館では、ほぼ毎週おはなし会を開催しています。
カウンターにいるとおはなし会のお話が聞こえてくることがあり
今日はどんなお話かな?とつい耳を傾けてしまいます。

そんな中、お話とお話の間の手遊びに
♪ おてらの おしょうさんが かぼちゃのたねを まきました ♪
と昔懐かしのフレーズが聞こえてきました。

いつの時代も変わらないんだなあと思いながらその歌を聞いていると
♪ めがでて ふくらんで はながさいたら かれちゃって ♪
あれ!枯れちゃうの?
私が知っているのは ♪ はながさいたら ジャンポン ♪ のはず!!

それなのにその後も、

♪ にんぽうつかって そらとんで ♪
えっ!忍法使って空飛ぶの!!

♪ とうきょうタワーに ぶつかって ♪
えっえっ!東京タワーにぶつかっちゃうの!!

♪ ぐるりとまわって ジャンケンポン! ♪
やっとジャンケンなの!?

まさか、こんなことになっているとは…衝撃でした。
近くにいた20代のスタッフに聞いてみると
同じく驚いていたのですが、よく聞くと忍法を使って
空は飛んでいたとのこと。

そうなると、ここ10年で東京タワーにぶつかるようになったようです。
それからインターネットでいろいろ調べてみましたが、
宇宙人に遭遇するバージョンや救急車で運ばれるバージョン、
地域性が強いものなど様々あるようでした。

スカイツリーではなく東京タワーにぶつかるところに
なぜか親近感?安心感?を覚えたものの、
10年後20年後にはどんなフレーズが増えているのか
衝撃ながらも、今からとても楽しみになりました。


08:35
2018/04/19

我が家にやって来た小さなAI

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

ある日のこと。

我が家に小さなAI (Googl●ホーム)がやって来ました。
家族の勤務先のイベントでの賞品。
不意の来客。新しい物好きな家族は嬉しそうですが…

リンゴ印のスマートフォンに付いてくるsir●さんもシャットアウトしている私。
なぜって自分の趣味趣向や行動が果てしない所まで飛んでいるんじゃないかな、
思いもよらぬ情報まで漏れてしまうんじゃないかな・・・と、
掴みどころのない不安を感じるのです。
家族は「使わない不利益の方が多いんじゃないの?」と笑っています。


数日後Goog●ホームはリビングに接続されました。
家族が話しかけると天辺がカラフルに光って返事が。
なんだか面白い。
私の声も音声登録。
お手並み拝見しなくちゃね。・・・魂を売ってしまったような感覚がまだかすかに。

質問力も試されます。
まずはお天気、グルメ情報、行楽情報。すぐにネタは尽き。
「何をしようかな?」と聞くと「ホットケーキをひっくり返す練習をしてはいかがでしょうか?」だって!


先日、黒柳徹子さんが初代アイボ(ワンちゃん)を連れてテレビ出演されていました。
アイボは18歳。驚いたことには、飼い主の徹子さんにとても懐いている仕草。
ただのオモチャでもロボットでもなく人格が感じられました。


昨日の朝、我が家のAIさんに「おはよう!」と声をかけたら、
「おはようございます。今日の稲城のお天気は・・・ 気温は・・・ NHKの今朝9時のニュースをお伝えします。・・・・」 と少し成長?
リクエストするとラジオも流れます。
細かい操作要らずで便利。


こうやって少しずつ一般庶民の家庭にAIが進出していきそのうち逆に操作されてしまう・・・なんてSF小説みたいに考えたり。
笑われちゃいそうですが。
面白がって使っているうちに我が家の優秀な秘書になるかもしれません。

よーし、色々と機能アップを試みてみよう。
我が家で一番面白がっているのはわたしだったりして!


11:00
2018/04/06

高校に行ってきました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

先日、仕事の休みを利用して、自分が通っていた高校に行ってきました!
高校に行くのは約5年ぶり…。

私が高校生の時は、校舎建て替えの関係で高校時代の半分をプレハブで過ごしました。
なので、新しい校舎になって初の高校訪問でした!

久しぶりに見た高校は自分が通っていた学校とは思えない程、きれいで開放的な学校になっていました。
また5年も経っていると、高校だけでなく高校周辺の街の風景もずいぶん変わっていました。
もちろん、変わっているのは校舎や街の風景だけではありません。
高校の先生たちも多く入れ替わっているので、私が当時お世話になった先生がいるのか…少し不安でした。


しかし、受付で入校手続きを取っていた時、ばったり知っている先生に遭遇したのです!!
これには、私も先生もびっくり!
その先生と少し話をした後、校内を案内してもらいながら他の先生にも会いに行きました。
まだ知っている先生が数名でも残っていて、少しホッとしました。
その先生たちと高校当時の話や現在の話までいろんな話をしました。
話に夢中になるあまり、気づけば2時間経っていました!!
でも、当時聞けなかった話もたくさん聞くことができ、とても楽しかったです。


12:00
2018/03/06

「運命⁉」

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者


  現在、我が家のおにゃんこは5にゃん。今年の1月、運命に導かれるかのように1にゃんこの仔猫が家族の一員になりました。

  その運命の出逢いとは・・・・・

  一番目小太郎と4番目の小麦を譲り受けた先の保護団体のホームページの里親募集の1枚の写真。生後2ヶ月の美人な黒猫さんに娘が一目惚れをしてしまい、何日か悩んだすえ里親を希望し、その3日後に我が家にやって来ました。
  美人さんなので小野小町から小町と命名。しっかりとしていてとても賢い仔猫で、小春姉さんのチエックも2日ほどでパスをして、晴れて先住おにゃんこの仲間に入ることに成功。

ホッと安心しながら、小町の予防接種の為に動物病院に連れて行くと、何と小町はその病院で保護された後、保護団体に移されていた仔猫だったのです。

それも病院で保護されていた時に、4番目の小麦の避妊手術、自分で勝手に抜糸を行い再手術と何度も通っていて、ニアミスしていたのです。
確かに先生が仔猫を2匹保護していると言われていた!

保護された場所は前に住んでいた近くのブルーベリー畑だと聞き再度驚き。

そして2ヶ月なのにしっかりとして賢いのは、ブルーベリー畑にはハクビジンやタヌキがいて、いつも生命の危機にさらされ気の抜けない生活を送ってきたからだろうと。保護されてからも3週間も人間に慣れず、畑に戻されかけた時にやっと心を開いたので、保護団体に移されたという経緯を聞いて、運命を感じた次第です。

  今は自分で抜糸するほどのジャジャ馬娘小麦を師と仰ぎ、先輩おにゃんこのご飯を奪ったり、人間の食べ物を掠め取ったりの小麦小町ちびっ子ギャングになってしまいました・・・。

でも、嬉しいのは5にゃんこの仲が更に良くなり、皆で大騒ぎしては疲れて寄り添って寝ています。

幸せを運んでくる運命の仔猫、小町だったのです。


18:54
2018/03/06

伝統を継ぐ者

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

今回訪れたのは武蔵野の小京都として栄えた埼玉県の小川町。格子組のある商家や土蔵が往時の面影を
とどめている趣のある町です。ユネスコ無形文化遺産登録の幟がたつ昭和レトロな建物に惹かれて入っ
た先は、和紙体験学習センターでした。庭先で水仕事をされている女性との出会いから貴重な紙すきの
話を伺うことができました。

紙漉き体験ができるこの建物は、昭和11年に和紙の研究施設として埼玉県製紙工業試験場として建設され、
大手製紙メーカーより博物館に所蔵したいと申し出があるほど歴史的な価値があるものだそうです。徳川
家康の関東入府で江戸の町は100万人を超える大都市となり小川町を中心とした一帯は紙の消費を一手に
引き受ける一大産地へと成長、産地全体で1500人ほどの労働者が紙漉き業に従事したと云われます。紙す
きの全工程や歴史の説明を受けながら、展示ケースの中身を指さした先に、偶然にも発見がありました。

【 いやだ いやだよ 紙すきや いやだ 夜づめ 早起き ひまがない ヨカコイ ヨカコイ … 
     はれた はれたよ 晴天晴れに ピッカリ 千両の 紙を干す ヨカコイ ヨカコイ  … 
     すいた もうけは かんだのように 問屋に しぼられる ヨカコイ ヨカコイ 】

「紙すき歌の全部の歌詞がこんなところにあったなんて!」

紙漉き職人の祖母が口ずさむ鼻歌を、幼少のころよく耳にしたそうです。歌詞をきちんと教えてもらって
おけばよかったと半ば諦めていたようで、思わぬ発見に気をよくした彼女に、紙すき歌を一節歌っていた
だきました。苦労して漉いた千両の価値がある紙も、その儲けはみな問屋に搾り取られるという内容の歌
です。真っ暗なうちから起きだし冷たい水を相手の作業を強いられた両手を見ながら育ったこともあり、
紙漉き業を引き継ぐことに若いころは正直躊躇があったそう。

「結局DNAなのかしらねぇ」

笑いながらトロロアオイの根を裂く作業に戻っていかれました。清々しい覚悟に触れる一時でした。

施設の庭にはトロロアオイが植えてあります。花オクラと呼ばれるトロロアオイは紙づくりにはとても
重要で、紙を漉くときに必要な粘り「ネリ」をその根を裂き、叩くことで取り出します。小川町立中学校
の3年生は、卒業式に自身で漉いた卒業証書を受け取るとのこと。素敵な恒例行事があるものです。
18:39
2018/03/03

楽しいひと時

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
汐留ミュージアムで開催されている「ヘレンド展」に行ってきました。
稲城市と隣接している神奈川県民の私には、汐留ミュージアムのある新橋まで
毎日通勤・通学されている方には笑われてしまいますが、プチ旅行気分で出かけました。

ヘレンドとはハンガリーの首都ブタペストから南西110キロにある磁器製作所です。
1826年に創設されハプスブルク家の保護を受け発展、各国の王侯貴族に愛好された
ハンガリーを代表する高級磁器窯です。

ヘレンドというと私は色絵金彩された磁器しか知りませんでしたが、
単色でいわゆる「枯れた」感じの瓶が何点か展示されており、
また社会主義体制下で製作されたティーセットは質素な感じの物で
一見するとヘレンドとは認識されず、意外でした。

展示ガラスに額がぶつかるほどしげしげと眺めてきました。
まったくその細工の細やかさにため息がもれるばかりです。
時間や手間などに気を取られず、
最高最美の物を作り出すことのみに専念しなければできないような逸品の数々でした。

展示会場の外では10分程のヘレンドの紹介ムービーが流れていました。
本国の工場でも同じ物が流されているとかで、
ヘレンドの作品を手に軽やかにスッテプを踏む人たちは実際工房で働いている人たちとか。
かなり大きめの作品でも両手に持って踊る姿に、もし誤って落としでもしたらどうするのかと、
ついつい心配してしまいました。

このような企画展や美術館を見終わったあとのお楽しみは、
そこでしか販売されていないグッズを買うことです。
と言っても私の場合は、お値段も安く普段に使えるクリアファイルを集めています。
今回は「ヴィクトリア」シリーズの美しいクリアファイルを買ってきました。

おまけ
さすが銀座に近いだけあって途中の電車内で、某ハイブランドの某有名モデルで、
一番人気カラーだとされるバッグを間近で見ることができました。
お店では並んでいるところをついぞ見かけない物なのでまさに眼福でした。
10:10
2018/02/01

鶴舞う

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

年明けから何日か経ったある日、多摩川沿いを歩いていると、
凧揚げをしている子供たちの姿を見かけました。
季節ならではの遊びを楽しむのは素敵なことですね。


お正月の遊びといえば、他にもコマ回し、はねつき、福笑いなどいろいろあります。
私の郷里では、かるた取りが盛んでした。
かるたをしながら地元を知ることができる、郷土かるたです。
と言っても、それはお正月に限られたものではなく、遊びというよりも競技として。


小学生の頃、冬になるとそのかるた大会が行われるため、
子供たちは地区ごとに集まり、練習をしていました。
地域によって、やり方は違っていたかもしれません。
私の地区の場合、学校終了後、夕方というよりも夜に近い時間帯に、公会堂に集合していました。
ラジオ体操かるた版とでも言いましょうか。通うことには何の疑いもありませんでした。
冬の行事の一環として、幼い頃より刷り込まれていたように思います。

白い息を吐きながら、懐中電灯片手に、凍える思いをして足を運んだ先では、
只々かるたを取るという行為が繰り返されるのです。

しかしそこには、暗い中集まれる特別さもあって、一体感がありました。
勝負なのでもちろん、勝てば単純に嬉しかったですし、他にも
「自分の名前に入ってる文字の札が取れた!」
「『つ』の空読みでお手つきした!」
「『ち』の札を、○○ちゃんのお父さんが読み間違えた!」
(『ち』は特に世代によって、一部変化のある札なのです)
等々、かなり細かいことでも、賑やかに騒いでおりました。
今思うと、私のところは、あまり必死に練習していた感じではなかったのですね。

が、そんな環境下で育ったので、今でもかるたの札は暗記しています。
50音のうち1文字挙げてもらえれば、瞬時にその札を読み上げることも出来ます。
おそらく、県民でこのかるたを知らぬ者はいないはず。
ただ、私より若い世代はどうなのでしょう。現在の故郷事情を知らないので……。

敢えて、ここでは県名を明かしませんが、
知っている方は、既におわかりになっているのではないでしょうか。
わからない方は、推理してみるのも一興かと。(タイトルがヒントです!)


さて、稲城にも「稲城かるた」というものがあります。
稲城生誕100年目を記念して、市民の手で編纂、昭和63年に発刊されたものだそうです。
稲城市の古跡や自然、行事などが詠まれています。
行ったことのある場所や知っていることがかるたに出てくると、嬉しいものです。
知らなかった名所を見つけることも。

資料には、地図もついているので、お散歩の参考にしてみてはいかがでしょうか。
今までとは違った目で、稲城を見られるかもしれません。


参考資料
『稲城かるた 改訂版』
稲城かるた編纂委員会/解説・編集 
稲城青年会議所/発行
請求記号:K384/イ
資料コード:650089899

『写真で見る稲城かるたの今昔』
フォトクラブいなぎ/制作 
請求記号:K384/フ
資料コード:611753455

 


 


13:32
2018/01/23

想い出の1冊

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

元々決して本好きという訳ではありませんでした。
1冊の本との出会いが私の趣味を読書に変えてくれたのです。

先日、大学入試センター試験試験が行われたのはニュースや新聞でも取り上げられました。
多くの受験生が並々ならぬ努力の末にこの日を迎えたことでしょう。
私自身も10数年前は受験生であり、苦労した経験があります。
高校三年生になって部活動も引退、遅ればせながら受験勉強を始めた私は
何から始めたらよいかも分からず、とりあえずセンター試験の過去問に手を出しました。
その時、現代文で吉本ばなな先生の『つぐみ』が出題されていたのです。
あまりの面白さに問題そっちのけで『つぐみ』に夢中になってしまった私は
どうしても全文読みたくなり、勉強を切り上げて図書室に向かい一気に読みました。
その後、吉本ばなな作品を手当たり次第に読み漁ったのです。


徐々にほかの作家、ほかの分野を読むようになり、
今はもっぱらミステリー作品ばかり読んでいます。


センター試験のニュースを見ながら、そんなことを思い出しました。


21:54
12345