蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ9:00-20:00 
第一~第四10:00-17:00
 

iブラリブログ

スタッフコラム
12345
2020/02/15

友チョコ

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

2月14日はバレンタインデーでしたね。

私が小学生だった頃のバレンタインは、
女の子の友達同士で誰にあげるか、
休み時間にコソコソ相談しながら、
胸躍らせていたことを思い出します。


しかし、自分と仲の良い友達の胸の中だけに
しまい込んでおきたかったほのかな気持ちは、
母親同士のネットワークによりすべて打ち崩され、
自分の母親にも私が誰にあげたのか知られてしまうハメに…。


まぁ、そんな昔話はさておき。

現在の小学生女子のバレンタイン事情というと、
「友チョコ」という言葉を耳にしましたが、
どんなものかあまり知らなかった私。


小学校2年生になった我が娘にも
「友チョコ」計画がやってきました。


仲の良い友達数名で
「誰にあげるか(もちろん女子同士)」
「いつ」「どんなものを」等、
事細かに決めてまいりました。

そして、娘は11人に渡すことになりました。


低学年の娘が一人でお菓子作りから
デコレーション、ラッピングができるはずもなく、
ここは母である私の出番が必然的に必要となります。


ただ、女子力の低い私にとって、
お菓子作りはかなりの難関。

一度、娘と一緒にお菓子の試作をしてみることにしました。

その結果、案の定、
焼き型が選んだものではダメ、
準備した材料では必要数に満たない、
甘さも足りない等…多くの課題が見つかりました。


これが渡す前日だったら、
娘と2人で青ざめていたことでしょう…。


さぁ、果たして、娘にとって初めての
「友チョコ」はうまくいくのでしょうか。


娘と一緒にお菓子作りを楽しむことができ
「友チョコも悪くないな。」
と思えるようになりました。


いつか本命チョコを一人でコソコソ作るようになる日まで、
母である私も一緒に「友チョコ」を楽しむことにします。


06:30
2020/02/10

御朱印デビュー!

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

先日、京都へ旅行に行ってきました。
京都観光は中学校の修学旅行以来で、
とても久しぶりでした。

そこで、
「せっかく京都に行くんだから、
訪れた神社仏閣の御朱印を集めよう!」
と思い、御朱印デビューすることにしました。

御朱印帳は、現地で購入しても良かったのですが、
雑貨屋さんで可愛い御朱印帳を見つけたので、
それを購入して持って行きました。

京都では、修学旅行で誰もが行くようなところから、
ちょっとコア?なところまで、
いろんなところに行きましたが、
どこも外国人観光客でいっぱいでした(笑)

さすが京都ですね。

そして、各地で御朱印を貰いに行くと、
御朱印帳に直接書いてくれるところもあれば、
既に書いてある紙を渡してくれるところもあり、
神社仏閣によって違いがありました。

また、1つの神社仏閣で
御朱印が複数あるところもありました。

でも、やっぱり目の前で
御朱印帳に直接書いてもらうのは、
テンション上がりますね!
とても嬉しかったです!

今回の旅行では、
全部で8個の御朱印を
集めることができました。

これから他の地でも
御朱印集めをしたいと思います。


06:30
2020/02/04

散歩

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

先日、家族と
「お正月の食べ過ぎで
増えた体重を減らすべく、歩こう!!」
ということになり、散歩に出かけました。

もちろん1日歩いただけで
たっぷり増えた体重が減る
わけではないんですけどね。

「1日8000歩を歩く!!」
という今年の目標のために歩きます。

散歩コースは、稲城市内の長峰と若葉台の間にかかる上谷戸大橋を渡り、
その下を流れる川沿いを若葉台公園に向かって歩くコースです。

上谷戸大橋は現在、テレビで流れているお菓子の
受験生応援CMのロケ地にもなった橋です。

この橋を渡り始めると一気に視界が開けて、
里山の風景と空が大きく広がり、
渡る風も気持ちがよく、
思わず深呼吸をしてしまいます。

運が良ければ、チョウゲンボウが空高く
旋回しているのを見ることができます。
チョウゲンボウは、この橋の周辺に生息していて
稲城市の鳥に指定されています。

さて、今日はチョウゲンボウは飛んでいるかな?
と空を見上げてみましたが、
残念ながら見られませんでした。

春には、子育て中のチョウゲンボウが空高く飛んでいます。

そして、その姿を撮影しようとカメラを構えて、
シャッターチャンスを狙う人が見受けられます。
その方たちのおかげで、
あれがチョウゲンボウかと認識しました。

今回はチョウゲンボウを
見ることはできませんでしたが、
空を見上げてみると、
雲ひとつない空の高いところに
飛行機が飛んでいました。

あの飛行機はどこに飛んでいくんだろう…
とつぶやけば、昔、旅した地の思い出話に花が咲きます。

この橋の横から上谷戸緑地体験学習館に続く
階段を降りると水車小屋が見えてきます。
そちらに下りていくと、小川のほとりに出ます。
やがて、三沢川に注ぐこの小川の横を歩いて行きました。

春になれば、新緑が陽の光を浴びてキラキラと輝き、
初夏には、ホタルが飛び交う賑やかな川辺になります。

この日は、お散歩日和とは言えないような
寒い日だったので行き交う人もおらず、
枯れ草をカサコソ踏む音と、
ヒヨドリの鳴く声が響くばかりの
静かな散歩道でした。

そして、この日の歩数は…!?
なんと、スマホを忘れて計測できませんでした…。
残念。


06:30
2020/01/21

日々の生活の中で…

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

1月もあっという間に終わってしまいます。

令和になり、気分一新と思いつつ、
それほど変わらない日常で心がけ一つで、
やる気も変わるのだろうと改めて思うこの頃です。

数年前に断捨離に興味を持ち、
一度いらない物を捨てる作業をしてみました。
その時には、衣服系は結構処分が出来て、スッキリ!!

洋服も着る機会が少ないものなどが無くなり、
自分の好みがよくわかるようになりました。
減った分、少し購入したりしてしまいますが、
そのおかげか気に入ったものしか買わないようになりました。


以前、樹木希林さんがこのようなことを言っていました。

「一度使い始めたら、それをできる限り活かして、
最後まで使い切って終了させたい。」

私もそれを見習い、
いらなくなった洋服などをすぐには捨てずに切って、
フローリングシートの替わりにして、
使ったりしています。


しかし、まだ手付かずなのが、大好きな雑貨類。
こちらは気に入って購入しているので、
なかなか断捨離をする気分になれず、
まだ箱に入っています。

一年に一回は箱を開けて断捨離を…と思うのですが、
一つか二つ捨てるにとどまっています。

まだまだ先は長いですが、
少し処分できるようになってきた
と前向きに考えています。


雑貨処分を今後とも継続しつつ、
今まで使用していなかったものも
取っておくだけでなく、
使っていこうかと考えています。

ちょっと古くても気に入っているものは、
自分にとってはときめくものですから…。


物がたくさんある昨今なので、
お気に入りを身につけて気分をあげ、
日々の生活も楽しんでいきたいと思った令和2年です。


06:30
2020/01/17

英語多読元年

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

2020年が始まりました。
今年も稲城市立図書館をどうぞよろしくお願いします。

今年のお正月は三が日とも穏やかな天気でした。
オリンピックイヤーでもある今年は、
ラグビーワールドカップ以上の観客が
世界中から東京に集まることでしょう。
どうか災害や天災のない年であってほしい
と祈るような気持ちです。


さてさて、昨年末の話になりますが、
12月29日限定で行われた
「いっぱい読もう、お正月!本・CD・DVD・ビデオ借り放題」
のイベントには多数のご来館、ご利用を
いただきありがとうございました。

大きな袋をお持ちになり、
100点以上のCDやDVDをお借りくださった方も
いらっしゃいました。
「こんなに貸してくれてありがとう。
お正月ゆっくり寅さんのDVDが見られるよ~」
とうれしいお言葉もいただきました。


今年は「英語多読年」としたい私も
たくさんのOxford Reading Tree(以下、ORT)
を借りました。


CDやDVDに負けず劣らず
多読コーナーの洋書も貸出が多く、
夕方残っていたのはレベル1
もしくはレベル8や9だけ。

うれしいことに、レベル2から
レベル7のものはすべて貸出中で、
棚はスカスカの状態でした。

ORTはレベル6までしか読んでいなかったので、
一足飛びにレベル8や9が読み進められるのか
不安になりながらも、借りてみました。

多読の三原則、
「辞書は引かない」
「わからないところは飛ばす」
「合わないと思ったら投げる」
にのっとれば、無理をする必要なんかないのです。
難しければ、投げればよいのですから。

レベル8やレベル9といっても、
そこはORT、どのページにも内容に合った絵があり、
ちゃんと理解を助けてくれる方式になっています。


昨年9月29日(日)に稲城市立中央図書館にて、
多読・多聴指導の第一人者であり、
元NPO多言語多読理事長を務められていた
酒井邦秀先生による英語多読初心者講座
「英語多読 はじめの一歩」の講演会がありました。

その講演の中で、先生が繰り返しおっしゃっていたのは、
「絵本は完全栄養食のようなものだ」ということでした。

文字が読めない子どもが絵本を楽しめるように、
英語も絵本を通して、文字を読む前にそのページに
描かれている絵を隅々までよく見る習慣をつけることで、
辞書を引かなくても英語を読み進めることが
できるようになるとのことでした。

それを聞いた時には
そんな方法でうまくいくのかな…
と思っていましたが、
確かに先生がおっしゃった通り!

しかし、最初はページをめくると
すぐにアルファベットが気になって、
ついつい文字を読もうとしてしまいます。

まず絵を隅々まで見るのが定着するまでには時間がかかりました。
「まず絵、まず絵…」と呪文のように
自分に言い聞かせながら
ページをめくるようにしていくと、
絵のおかげで状況や内容を類推することができます。

さらに、レベルが上がっても、
ページ数や文字数がやや増えた程度の感覚で、
分からない単語も気にならず、
飛ばしながら読み進めることができるではないですか!
なんか、すごくない?自分!?と自画自賛したくなります。


分からない単語があることが気になり、
頭がフリーズして読み進めることができなかった
高校の頃の自分にこの方法を教えてあげたかった…。

読んだ総語数は17,868語。
「英語多読年」の幕開けとしては
まずまずのスタートとなりました。


この1年、この調子で英語多読を
進めていくことができれば理想的です。

まずは、目指せ!10万語!!
また、ORTを教材として
「聴き読み(付属のCDを聴きながら、同時に読んでみる学習法)」
にも挑戦したいと思います。


06:30
2020/01/12

大晦日

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

皆さん、令和初の年越しは
いかがお過ごしでしたか?


私はこの年末、海鮮の食材買い出しに、
日野にあるお魚屋さんに出かけました。


時々、お魚を買いに行くのですが、
年末に行くのは初めてでした。


念のために調べてみると、
12月31日の開店時刻はなんと4時!


いつもより6時間も早く開くなんて、
すごい気合いだなぁと驚きつつも、
目覚ましを4時にセットし、
4時半にのんきに出かけました。

真っ暗な多摩動物園を通過。
24時間後には大賑わいとなりそうな
高幡不動を通り抜けます。
道はガラ空きで、ほとんど車も走っていません。
一番乗りかも…と調子に乗っていました。

ところが、大通りに出た途端、
たくさんの車と誘導の警備員が!
すごい数の車庫入れ待ちの車が並び、
途中からでは並ばせてもらえません。

Uターンして、もう少し先から大通りに出直しました。
しかし、そこもすでに大行列です。


誘導の案内は、
「車庫入れ待ちの列に入らず、直進せよ」
のみで、途方にくれました。

甘かった!4時開店の現実を知りました。

結局、私だけ買い出しに参戦し、夫は車中待機。
反対車線で待ち合わせました。
満員の店内から脱出した時刻は5時15分でした。

1年後の大晦日は、もっと早起きしよう!
4時開店を目指して出発し、日野万願寺付近から車列に並ぼう!
今度は夫と一緒に元気に店内に乗り込もう!

2020年の目標ができました。


06:30
2020/01/11

今年こそ!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

2019年の今年の漢字は『令』と発表されました。
みなさんにとって、2019年の今年の漢字は何でしたか?

私の場合、振り返れば、
色々と考え直さなければならないことが
起こった1年だったので、
(自分を)見つめ直すという意味の
『直』にしました。

我が家では、毎年お正月に、
昨年の家族の10大ニュースと
今年の抱負を各々発表します。

私は毎年同じような抱負
(今年こそ痩せる等…(笑))
を述べるのですが、未だ達成されず…。

なぜ達成できないのかを自分なりに分析してみました。(=『直』)

それは、たぶん抱負があまり具体的ではないからだと考えました。

例えば、「今年こそ痩せる」ではなく、
「3キロ痩せる」とかにすれば、
少しは達成しやすいのではないかなあ
という答えにたどり着きました。
(でも、体重を落とすのは難しいです!)

そこで、今年こそ達成できそうな具体的な抱負を考えました。

1、1週間に2冊以上、本を完読する。
2、1か月に1か所は、家の片づけをする。

時間に追われる生活を少しでも改善したいのと、
自分の性格上、最初から高いところに目標を置くと
早々にあきらめてしまうので、低めに設定してみました。

これで、買うだけ買って読まずに積んである本も減るかな。
これで、散らかり放題の家も少しは片付くかな。

1年後はどうなっていることやら…。
またの機会にうれしいご報告ができればと思っています。


06:30
2019/12/29

部屋の片づけ

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
もうすぐ今年も終わりますね。
年末ということで今、私は絶賛部屋の片づけ中です!

物を捨てられない性格の私は、
新年を迎える前に部屋を
綺麗にできる気がしなかったので、
11月頃から休みの度に
部屋の整理をしていました。

そして、自分はどれだけ溜め込んでいたのかと、
物の多さに驚きました。
写真、手紙、本、雑誌、CD類、絵、
ノート、グッズ、いつ着ていたかも分からない洋服など…。

次々と懐かしい物が出てきて、
片づけが進まない、進まない。

早速、気が滅入りそうでしたが、
まずは着ない服を処分しようと思い立ち、
TVや本で聞きかじった片づけのコツを
思い出しながら、取り掛かりました。

ところが、例えば
「ときめかなかったら捨てる」
をやってみようと試みても、
本当に物を手放せない私は
「うーん、これもときめく」
「これはどうか…いや、捨てがたい!」
とどれもこれもときめいてしまう始末です…。

これでは埒(らち)が明かないので一念発起し、
目標の量、物が捨てられるまで、
物を買わないという掟を自分に課しました。

そして、自分史上最大の捨て魔となって、
断腸の思いで片づけを決行しました。

だいたい片づいてきたのですが、
写真や手紙、グッズ類など、
捨てきれない物がまだまだあって、
片づけとの戦いが続いています。

これから、新年を迎えるにあたって
大掃除などをする方も多いと思いますが、
みなさんは片づけや掃除が得意ですか?

すっきりといつも綺麗に片づいた部屋に
住んでいるような生活に憧れます。
新年は掃除上手になって迎えたいです。
06:30
2019/12/28

年賀状

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

そろそろ年賀状を書く時期になってきましたね。

我が家の年賀状は「仮装年賀状」であります。
もともとは、ふた昔前のねずみ年に、
ねずみ男の扮装をしたお姉ちゃんと
ねずみの耳をつけた弟の
ツーショット写真を年賀状にしたのが始まりでした。

そんなに気合いも入っていなくて、
灰色のカバーオールにしっぽと耳を
適当につけただけだったのですが、
思いの外かわいく撮れまして…。

それに味をしめたのか、
夫の仮装年賀状熱が年々高まり、
とうとう
「こんな衣装を作ってくれ!」
と言い出すようになりました。
 
巳年には、インドの蛇遣いの格好を
させられた息子(保育園児)が、
寒さのあまり涙しながらの
撮影になったりもしました。
(冬の早朝、裸にベストとターバン…そりゃ寒い!)

そのうち、お姉ちゃんが5年生で「卒業」してしまい、
これでやっと普通の年賀状に…と思ったら、
夫は諦めきれなかったらしく
ついに夫自身が登場するようになりました。

数多く取った写真の中から、
年賀状にする1枚を選ぶのですが、
とうとう息子の写りより
夫の写りが優先されるようになり…。
「オレって、馬鹿だよなあ。くっくっく」と
なんともうれしそうでありました。


かわいいねずみ姉弟から12年後、
不気味なねずみ男と鬼太郎に扮した父子年賀状は
長年の仮装年賀状の中でもかなりの傑作となりました。

そして、またねずみ年が巡ってきますが、
とうとう息子にも引退されてしまった夫は、
孫を投入して、またまたねずみに扮しております。
どこまで続く・・・?


さて、そんなことをしているのは
我が家だけかと思っていたら、
なんと、あの佐藤愛子さんも、
お孫さんと一緒に20年も
仮装年賀状を撮り続けていたのです。

トトロにコギャルに、果ては生首まで!
いやいや、我が家はまだまだでした。

年賀状に迷っている方、ぜひ読んでみてください。
20年分の面白年賀状、写真もばっちり載っています。
きっと参考になると思います。(ホントに!?)


【資料紹介】
『孫と私の小さな歴史』
著者:佐藤愛子
出版社:文藝春秋
請求記号:914.6/サ
資料コード:611805669


06:30
2019/12/13

シュトーレン

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者

私は、パン教室に通っています。

こちらのパン教室は、開催される前の月に
次の開催日とその日のメニューの連絡を下さり、
自分が行かれる日程や作りたいメニューの時だけ
参加出来るので、気軽に参加させていただいています。


そして、今月のメニューの中に
“シュトーレン”を発見!
シュトーレン好きの私としては、
参加せずにはいられません!


「シュトーレン」とは、
バターなどの油分の多い生地に、
ラム酒漬けにしたドライフルーツや
ナッツなどをたっぷり入れた
ずっしりとしたイースト菓子です。


表面にバターが塗られている上、
粉砂糖でコーティングされているので、
常温でも2~3週間以上保存できます。


ドイツでは、クリスマス菓子といえば「シュトーレン」で、
「アドヴェント」と呼ばれるクリスマスの
4週間前の日曜からクリスマスまでの期間に、
少しずつ切って、食べながらクリスマスを待ちます。


思い起こすと、私が一番最初に
シュトーレンを食べたのは、30年ほど前です。
香港に住んでいたお友達の家へ、
泊まりがけで遊びに行かせてもらった時でした。


お友達のお母様が、
「クリスマスの一か月程前から、
少しずつ薄く切って食べながら、
クリスマスを待つのよ。」と言いながら、
真っ白に雪化粧した白い塊を
切り分けてくれました。


中には、真っ赤なドレンチェリーや
鮮やかな緑のアンゼリカ、
レーズンやナッツなどがぎっしり入っていて、
見るからにクリスマス感たっぷりの
ロマンティックな食べ物です。

「なんて夢のあるお菓子なんだろう!」と、
あの時の感動は忘れられません。


今回のパン教室のシュトーレンは、
“ヘーゼルナッツのショコラシュトーレン”


オレンジピールやヘーゼルナッツ、
チョコチップが粉と同じ位の割合で入っていて、
リッチ感溢れるレシピです。


思ったより粉の量が多くないのか、
手でこねてもそれほど疲れませんでした。

具材を混ぜ込んだ後、
イエス・キリストがおくるみに
包まれた姿を模して、
生地を二つ折りにします。(諸説あり)
あとは、焼き上がりを待ち、
バターを塗って、粉砂糖を振れば完成です。


本来、シュトーレンは、
少しずつ味が馴染んでいき、
変化を楽しみながら
薄く切って食べるものです。


しかし、我が家では、若干の味の変化に
気が付いた3日間で完食してしまいました。


たった3日間でしたが、クリスマスが近づく
喜びを感じさせてくれて、感謝の一言です。


ありがとう、今年のシュトーレン!




◎参考資料
『パンの事典 おいしいパンのある幸せな生活』
請求記号:596.5/セ 資料コード:510137845


06:30
12345