蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ
 9:00-20:00
第一~第四
 *7月21日 ~
   火~土曜日
   日曜日
10:00-17:00
8月31日  
 9:00-18:00
 9:00-17:00
 
 

iブラリブログ

おすすめ資料 >> 記事詳細

2021/05/24

『マイ・フェア・レディ 特別版』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『マイ・フェア・レディ 特別版』
監督:ジョージ・キューカー
原作:バーナード・ショウ
出演:レックス・ハリスン、オードリー・ヘップバーン
資料コード:630006164(中央図書館所蔵)
請求記号:D7BE/マ

時々、昔の映画をみたくなる。最近、『マイ・フェア・レディ』を観た。
一番初めに観たのは、テレビの映画劇場(昔は、毎週土曜、日曜に
淀川長治氏など名解説者がいて、特に洋画が放映されていた)だったと思う。

あらすじは、
下町出身の花売り娘が偏屈(?)な音声学者によって言葉を矯正され、
レディに変身する、というお話。

殆ど、内容を忘れていたが、オードリーが発音の矯正をされるシーンだけは
よく覚えていた。

“スペインの雨は主に平野に降る”を繰り返し、繰り返し練習させられる。
これだけでは、お分かり頂ないと思うが、訛りをなくす練習だ。

それ以外に覚えていたのは社交界デビューが成功したこと。
それで、ハッピーエンドだと長い間思っていたら、
さすが、3時間近いお話、続きがあった。
今回、観て良かった。そうでなければ、お話の半分も忘れていたのだから。

オードリーは、下町時代のやんちゃな時も、怒ったシーンでも、
レディになってからはもちろん、どんな時も、どんな顔をしても、
人を魅了する。それだけでも楽しめた。

古い映画をみると、聞き覚えのある、巷でよく聞く懐かしい曲が流れる。
ましてやミュージカルなので、出てくる、出てくる。これもお勧めの理由。

3時間、空いていたら、お試しを。
05:30