蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ
 9:00-20:00
第一~第四
 *7月21日 ~
   火~土曜日
   日曜日
10:00-17:00
8月31日  
 9:00-18:00
 9:00-17:00
 
 

iブラリブログ

おすすめ資料 >> 記事詳細

2021/04/23

『絵で見てわかるはじめての古典 3巻』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:絵で見てわかるはじめての古典 3巻
監修:田中貴子
資料コード: 611498307 他  
請求記号:/910/エ/     

久し振りに古典作品に触れたいと思い、図書館の書架を回って
児童コーナーでふと目に止まったのがこの本でした。
今回は3巻の『枕草子』を読んでみました。

『枕草子』で清少納言が示す物の価値観や、
平安時代の貴族の暮らしや文化について、オールカラーで
とても分かりやすく解説してあります。

初めて古典作品に触れるお子さんはもちろん、
大人の方にも楽しんで頂ける一冊だと思います。

これまで古典作品にはあまり関心がなかった、という方にも、
ひとつのきっかけとしてぜひおすすめしたい一冊です。

「あなたは清少納言と友達になれるか!?」という
面白いチェックリストもあり、私の結果は「親友になれそう」でした!

全10巻のシリーズで、上代から近世までの日本文学作品に
触れることが出来ます。
次は4巻の『徒然草』を是非読んでみたいと思います。

「をかし」の文学とされる『枕草子』、1000年以上も前に書かれた
日本最古の随筆作品とされていますが、現代にも通ずる
普遍的な物の見方や感じ方がそこにはあります。

皆様も是非、日々の暮らしの中で「をかし」を
見つけてみてはいかがでしょうか。

05:30