蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ
 9:00-20:00
第一~第四
 *7月21日 ~
   火~土曜日
   日曜日
10:00-17:00
8月31日  
 9:00-18:00
 9:00-17:00
 
 

iブラリブログ

おすすめ資料 >> 記事詳細

2021/02/02

『最後だとわかっていたなら』

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
タイトル:『最後だとわかっていたなら』
著者:ノーマ・コーネット・マレック/作 佐川 睦/訳
資料コード:612085025
請求記号:931.7/マ
(ご予約はこちらからどうぞ

今から8年前、とある子育て関係の講座を受講した時に、
講師の方がこの本の詩を朗読してくださって、この本と出合いました。

娘を妊娠してから今まで、色々な育児書を読み、
色々な子育て関係の講座を受講してきました。
その中でも特に印象に残っている一冊で、私を変えた一冊でもあります。

原作は『Tomorrow  Never  Comes』。
作者のノーマはアメリカ人の女性で、10歳で亡くなった長男に
伝えたかったけれど、伝えきれなかった言葉や想いを詩に託しました。

この詩は2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロの後、
チェーンメールで世界中に広がったそうです。

美しい写真と共につづられた、数々のわが子への想い。
娘のことを想いながら読んでいると、切なくて泣きそうになります。

この本は手元に置いておきたい!と思い、すぐに書店で購入しました。
この本と出合った時に娘に抱いた気持ちを忘れたくない、と思ったからです。

当時1歳だった娘は小学生になり、時には私に注意され、
時には激怒(!)されて大泣きしたり、悪態ついてきたりするので、
私は翌朝まで引きずってしまうこともあります。

一方、娘は気持ちの切り替えが早すぎて、翌朝にはケロッとしてることが
多いので、私の気持ちが追い付かないこともしばしば…。

ですが、朝、学校に向かう娘を見送る時には、この本を思い出して、
出来るだけ普段通りに「いってらっしゃい。気を付けてね。」と言うように
心がけています。

今、コロナ禍で日本だけでなく世界中で悲しいことが続いています。
大切な人を想いながら読んでいただきたい一冊です。
05:30