蔵書検索


 
詳細検索
新着資料検索

利用方法
 

休館日

開館カレンダー


 中央 第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 第一
 第二
 第三
 第四
 月曜日
 祝日・年末年始
 特別整理期間
 iプラザ
 第二・第四月曜日
 (祝日の場合は翌日)
 年末年始・特別整理期間
 

開館時間

中央・iプ
 9:00-20:00
第一~第四
 *7月21日 ~
   火~土曜日
   日曜日
10:00-17:00
8月31日  
 9:00-18:00
 9:00-17:00
 
 

iブラリブログ

スタッフコラム >> 記事詳細

2020/12/23

今年最後に

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館管理者
去年の今頃、中三だった子どもに
「今年のクリスマスプレゼントはなにがいい?」とたずねると、
「『鬼滅の刃』っていう漫画が欲しい!」と言われた。

ムムム!受験生なのに漫画?と思ってしまったが、子どもは真剣だ。
本当に欲しいと目で訴えてくる。

というわけで、去年のクリスマスにはドーンと一巻からプレゼントした。

もちろん、私も読んでみた。久々に読む漫画だったが、驚くほど面白かった。
自分が今まで読んだ漫画で一番の作品は『ガラスの仮面』ですが…。

今年に入ると、この漫画の人気はすごいもので、
なんと映画が放映されることに。

子どもは大喜び!友人と観に行くという。わたしも観に行きたいとは言えず。

先日、職場でこの映画の話題になった。
いったいどこがそんなに人気なのか?という話になった。

私は一人興奮気味に、家族・兄妹の愛や絆ですよ!と答えた。
たった何週間かで、興行収入は『タイタニック』を超えた。
まだまだいくのかもしれない…。

日本マンガ全史に『鬼滅の刃』についてこう書かれている。

「親子・きょうだいの家族愛を、失意や悲運、
血のつながりがもたらす宿命の様相を強調しながら描いており、
ネット社会における、賑やかしいが表層的な人間関係へのアンチテーゼが
込められているとも見られる」(450頁) 

今年コロナで世界中が大混乱になり、緊急事態になったとき、
家族と過ごす時間が増えた。おかげで家族と色々な話ができた。

コロナで嫌な年だったと思ったが、案外家族といい時間が過ごせた。
今年もあと少し、コロナに負けないで新しい年を迎えたい。

ところで、私は映画を観に行けたでしょうか?年内には行きたいですね。

■参考資料 『日本マンガ全史』平凡社 2020年(資料番号:411371250)
      

05:30